東京簡易裁判所

今日は,午前11時から,東京簡裁にて過払金請求訴訟弁論。
11時30分からは,地裁で別件弁論準備の予定が。

11時ちょっと前に簡裁法廷に入ったとたん,いやな予感がしました。
まだ10時30分の事件をやっています。
しかも,裁判官がモタモタモタモタ。
手続についてなかなか決断せず,隣に座っている書記官がアドバイスする始末。
時間が押しに押しているときに限って,武富士あたりが訴えた貸金訴訟で,債務者本人が訳も分からず裁判所に呼び出されており,手続の説明などしています。
「請求の原因1に書いてあることはどうなの?」みたいな感じで。

これは絶対に11時30分には終わらないなと思い,先に地裁に。
地裁から帰ってきたのが45分くらいだったと思いますが,まだ十分間に合いました。
50分遅れでようやく順番が回ってきました。
あり得ないです。

とにかく何度も言っていますが,簡裁は完全に貸金業者の債権回収代行業者と化しています。
だいぶサラ金の体力も弱ってきたみたいですが,なんでも裁判所を利用するな。裁判所が混むだろう。貸し倒れ見込んで高い利息とってんだから諦めて損金処理しろ。そもそもちゃんと審査して貸せ。等々言いたいです。

それに簡裁の事物管轄を拡大したのも大きな原因です。
貸金業者が手前の従業員を許可代理人にして大量の貸し金請求訴訟をやっているわけですが,いっそう事件数増加に拍車をかけています。
どうやら簡裁の事物管轄拡大は,例によって「司法制度改革推進本部司法アクセス検討会」みたいなところで進められたらしいですが,弁護指数増加→就職難発生,法テラス→利用者伸びず税金の無駄遣い,とほんとろくなことしやしない。
[PR]
Commented by サラ金について at 2007-03-14 09:36 x
でも、大手は裁判所使うだけ良心的なんじゃないんですかね。
ひどいところは、悪質な取立をしますから。
また、貸す方も貸す方ですが、借りる方もひどいですから。
でも、裁判所もサービス業と割り切れば、サラ金もお得意さんでしょう。(裁判費用は勝ち負けに関係なく、原告負担とするような改革が必要かもしれませんが。)
Commented by black_penguin at 2007-03-15 22:58
コメントありがとうございます。
大手の消費者金融業者は,「良心」で裁判所を利用しているというより,単に費用対効果の比較の結果かと思います。
100万円請求するのに,印紙代は1万円。裁判官,書記官,事務官のお給料,司法委員の日当,法廷の維持管理費等々考えると,完全に裁判所は赤字です。この赤字は税金から。とすると,お得意さんとはとても言えないのが現実です。
Commented by pahi at 2007-03-25 21:44
法テラス(仙台市) 先日 はじめていってきました。私の様に法律に疎い人間にはありがたい場所です。
4月17日、名瀬簡易裁判所で 土地所有権移転登記手続請求事件の 被告(父)の代理人として 人生初の裁判です(最初で最後でありますように・・・)
被告人の中には あきらかに死亡してる人も 高齢者消除されていないため 答弁書がかけない(もちろん相続もできない 笑)人がいたり、親がいきてるのに子も相続人になってるケースも2つありました。いったい相手方の司法書士さんは 相続税法58条通知をしらにのでしょうかね?
Commented by black_penguin at 2007-03-28 00:05
pahiさま
コメントありがとうございます。ブログも拝見しました。
事件記録を見ないと何とも言えませんが,少なくとも相続人の確認は戸籍(除籍謄本,原戸籍)ですると思いますので,当然おかしな点は裁判官が指摘してくれると思います。
by black_penguin | 2007-03-13 22:51 | 業務関連 | Comments(4)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧