出頭在廷命令

(以下引用)
弁論欠席の弁護士に初の「出頭在廷命令」…最高裁(読売新聞)
 山口県光市で1999年、本村洋さん(29)の妻(当時23歳)と長女(同11か月)を殺害したとして殺人罪などに問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた同市内の元会社員(25)(犯行時18歳)の上告審で、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は、今月14日の弁論を欠席した弁護人に対し、改めて期日指定した来月18日の弁論に出頭し、途中退廷しないよう求める「出頭在廷命令」を出した。

 命令は15日付。

 出頭在廷命令は、裁判員制度での審理遅延を防ぐ目的から、昨年11月施行の改正刑事訴訟法で新設された規定で、適用されたのは全裁判所で初めて。弁護人が命令に従わない場合、裁判所は、10万円以下の過料と開廷費用の賠償を命じることができ、その場合、弁護士会に懲戒などの処分も請求しなければならない。裁判所が処分請求を行えば、1989年以来、17年ぶりとなる。

 出頭在廷命令を受けたのは、安田好弘(第2東京弁護士会)、足立修一(広島弁護士会)両弁護士。

(引用終わり)

いやいやこんな刑訴法改正があったんですね(笑)

第二百七十八条の二  裁判所は、必要と認めるときは、検察官又は弁護人に対し、公判準備又は公判期日に出頭し、かつ、これらの手続が行われている間在席し又は在廷することを命ずることができる。
○2  裁判長は、急速を要する場合には、前項に規定する命令をし、又は合議体の構成員にこれをさせることができる。
○3  前二項の規定による命令を受けた検察官又は弁護人が正当な理由がなくこれに従わないときは、決定で、十万円以下の過料に処し、かつ、その命令に従わないために生じた費用の賠償を命ずることができる。
○4  前項の決定に対しては、即時抗告をすることができる。
○5  裁判所は、第三項の決定をしたときは、検察官については当該検察官を指揮監督する権限を有する者に、弁護士である弁護人については当該弁護士の所属する弁護士会又は日本弁護士連合会に通知し、適当な処置をとるべきことを請求しなければならない。
○6  前項の規定による請求を受けた者は、そのとつた処置を裁判所に通知しなければならない。

ただ、どうなんでしょうか。こんなことまで法律で決められるなんて。
「人権派弁護士」が、時代遅れな法廷闘争や、オウム事件での訴訟遅延行為をしたせいで、かえって弁護人の活動を制約するような法律が次々作られ、さらには、弁護人の選任が国によってコントロールされようか、という状況である。
極端に言うと、刑事弁護なんて、あってなきがごとき状態になりつつあると思います。私から見ても、結構危機的な状況にあると思います。
刑事弁護がこんな危機にさらされているところへ、大サーカスが余計なことをしたせいで、さらに状況を悪化させています。
もういい年なんですから、もっと建設的な作業をして欲しいと思います。

WBC
いや~何か日本人の謙虚さに、ご褒美がもらえた感じです。
誤審、観客にボールを奪われる、という不運を乗り越えて…。
[PR]
by black_penguin | 2006-03-17 23:54 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧