陳述催告

給与等の債権差押命令をもらったのだが、第三債務者である会社が、差押債権の有無などについての陳述をしてこないので、債権の取り立てについての連絡をした。
そして、今日、電話で返答が来たが…

当方が送った連絡書について
「これ何のことだが、意味が分からないんですけど」

…債権差押命令が行っているはずなんですけど。送達通知書の写し見てみてください。

「確かに、○○(会社名)って書いてあるけど」

…必ず受け取っているはずなんですけど

「いや~うち従業員たくさんいるから。誰かが受け取ってどっかにやっちゃったかも」

っておい!

実は、債務者は、この会社の社長なので、もしかするとわざととぼけているのかもしれないが、それにしても裁判所からの手紙がどっかいっちゃったとは。
ひどすぎます。
電車の中なんかに結構広告出してる会社なんだが…。

裁判で勝っても、これを実際に取り立てるのは大変。
もし会社ぐるみで執行妨害するんだったら、
取立訴訟→強制執行→会社に行ってその場で売上金回収
してやろうかと。…取立訴訟についても勝てば強制執行ができるということでよいのかな?調べよう。




「差押債権者は,取立訴訟において給付判決を取得すれば,それを債務名義として,第三債務者の責任財産に対して強制執行をすることができる。」(民事執行の実務~債権執行編より)

ということで,会社の電話加…。
[PR]
by black_penguin | 2006-03-02 00:05 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧