クールビューティー

朝6時に起きて観たかいがあった。

他の選手が、緊張でバタバタする中、冷静、華麗、大人でございます。
曲も衣装も良かった。
あの短い時間で、観客が一気に魅了される。
プロフェッショナル。

静かな実況もよい。
あの「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ」でおなじみの、刈屋富士雄アナ。
いい声を持っている人はいいね。

会場に流れた君が代は結構良かった。
荒川選手も口ずさんでいた。
我々が中学生のころは、何の疑問もなく「国旗に注目!!」とかいって、君が代を歌ったものである。
過去の歴史は過去の歴史として、日本人が日本人たることをあらためて思い至らせ、世界の中で恥ずかしくない国であり続けるよう、自覚させる意味で、また、教養の基本として、国歌たる君が代をきちんと教えることは必要ではないか。
と思った。
[PR]
by black_penguin | 2006-02-24 23:35 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧