破産管財人研修

土曜日は、朝から夕方まで破産管財人研修。

午前中は、民事20部の裁判官から講義。
午後は、今年は東弁の当番会ということで、東弁の弁護士から、申立代理人の実務、破産管財人の実務ということで話があった。
この研修を受けると、名簿が東京地裁民事20部に提出され、この名簿に基づいて、裁判所から依頼を受けることになる。

基本的には債権者のために財団を増やすということになるが、中立的な立場で仕事が出来るし、方法如何によって財団が増えるという結果も得れるし、まあ債務者の経済的再生に少しは貢献できるということで、なかなか魅力的な仕事。
一件の報酬は、20万円~。
きちんとやっていればまあまあ安定した収入源にもなりそう(そうはいっても弁護士数が増えるとそうも言っていられないが)。

そいうえば、件の破産申立事件の管財人がベテランなはずなのに研修に来ていた。
業務内容が良くないんで再研修を義務づけられたのかな?(笑)


トリノ冬季五輪。
カーリング女子に注目。
カーリングは、次のストーンをどうすればいいか、というのを見ている人が考えられる点で見ていて面白い。
ある程度勝っていても、一気に3点くらい入り、最後まで勝負が分からないのも魅力。
ちょっと野球に似ているかな。
[PR]
Commented by kazue1957 at 2006-02-19 23:13
はじめまして。
エキサイト履歴から訪問させていただきました。

高校同級生で異質な弁護士がいます。
東大理一出身なのに
どこでどう間違ったのか今、弁護士をしている彼です。
Commented by black_penguin at 2006-02-20 23:53
>kazue1957さま
コメントありがとうございます。
結構いろんな経歴の弁護士がいます。理系出身や文学部出身、社会人を経験してからの人などなど。
ただ、これからは法科大学院を出なければならないので、「異質」の人は出にくくなるかもしれません。
今後ともよろしゅうお願いいたします。
by black_penguin | 2006-02-19 23:07 | 業務関連 | Comments(2)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧