注意一秒損害莫大

びっくりするニュースが。
(以下引用)
みずほ証券、新規上場株を誤発注…市場は大混乱(読売新聞)
 8日の東京株式市場で、東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに同日上場した総合人材サービス業ジェイコムの株式に対し、みずほ証券が誤って大量の売り注文を出し、巨額の損失を出した可能性が出ている。

 この影響で、同日の日経平均株価(225種)が300円以上、急落するなど市場が大混乱した。

 東証などによると、みずほ証券は、同日午前の取引開始直後、ジェイコム株の売買注文の入力を誤り、1株61万円で1株の売り注文を出そうとしたが、実際には、1株1円で61万株の売り注文を出してしまった。

 誤発注の影響で、ジェイコムの株価は乱高下した。初値は67万2000円だったが、その後急落し、値幅制限の下限(ストップ安)にあたる57万2000円まで値を下げた。その後、買い戻され、今度は、値幅制限の上限(ストップ高)にあたる77万2000円まで上昇し、取引を終えた。

 この日の取引終了後、みずほ証券が誤って発注したことを発表した。相当数の株式が投資家に買われたと見られるが、みずほ証券が売買契約を履行するためには、市場から買い戻すなどして、用意しなければならない。

 しかし、ジェイコムの発行済み株式総数は1万4500株しかなく、同社株を買った投資家すべてに株券が行き渡らない。その場合、「みずほ証券が投資家に対し、株券の代わりに現金を供与することなどが考えられ、数百億円規模の資金が必要になる」(準大手証券)との見方も出ている。

 この日の市場では、誤発注への不安が広がり、証券会社や大手金融グループの株式を中心に売られ、株価は全面安となった。

 日経平均株価(225種)は前日比301円30銭安の1万5183円36銭と、12月1日以来1週間ぶりの低水準まで値を下げて取引を終えた。下げ幅は今年3番目の大きさだった。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は同29・86ポイント低い1568・73、第1部の出来高は24億9800万株だった。

[読売新聞社:2005年12月08日 21時56分]

(引用終わり)

1株61万円 と 1円61万株 を間違えたということである。
買い戻し等で、みずほ証券には、約1000億円を超える損が出る可能性があるとのこと。

弁護士の単純ミスで多額の金銭的損失を出す場合として考えられるのは…
時効を徒過して債権を失う。
答弁書を出し忘れて判決を取られる。
他にもいろいろありそうだが、怖くて思いつきません。
一応弁護過誤の場合の保険に事務所で入っているようで。1億円くらい?
以前書いたように、最近ポカが多いので気をつけなきゃ。
[PR]
by black_penguin | 2005-12-08 23:46 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧