無罪

(以下,asahi.comより引用)
痴漢事件で防衛医大教授に逆転無罪 最高裁が判決

 電車内で女子高校生に痴漢をしたとして強制わいせつ罪に問われた名倉正博・防衛医大教授(63)=休職中=の上告審判決で、最高裁第三小法廷(田原睦夫裁判長)は14日、懲役1年10カ月の実刑とした一、二審判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 検察側は、名倉教授が06年4月18日朝、東京都世田谷区内の小田急線で女子高校生(当時17)の下着に手を入れて下半身を触ったとして起訴した。名倉教授は一貫して無罪を主張したが、一審・東京地裁、二審・東京高裁はいずれも女子高校生の供述の信用性を認めて有罪とした。

 第三小法廷は、(1)女子高生は痴漢の被害が始まってから一度電車を降りたにもかかわらず、再び同じ車両に乗って教授の隣に立った(2)痴漢行為が執拗(しつ・よう)なのに、車内で積極的に避けていない――などと女子高生の痴漢被害に関する供述には疑いがあると判断。「名倉教授が犯行を行ったと断定するには、なお合理的な疑いが残る」と結論づけた。

 最高裁が自ら判決で無罪を言い渡すのは異例。5人の裁判官が審理し、3対2の小差だった。
(引用終わり)

判決文については,こちら

補足意見など見ますと,「冤罪で国民を処罰するのは国家による人権侵害の最たるものであり,これを防止することは刑事裁判における最重要課題の一つである。刑事裁判の鉄則ともいわれる「疑わしきは被告人の利益に」の原則も,有罪判断に必要とされる「合理的な疑いを超えた証明」の基準の理論も,突き詰めれば冤罪防止のためのものであると考えられる。」と至極当然のことが書いてありまして,これは多くの刑事裁判官に読んで欲しいと思います(笑)。

もっとも,判決理由のうち,被害者の供述の信用性検討部分は,やや違和感が。
「(1) Aが述べる痴漢被害は,相当に執ようかつ強度なものであるにもかかわらず,Aは,車内で積極的な回避行動を執っていないこと,(2) そのことと前記2(2)のAのした被告人に対する積極的な糾弾行為とは必ずしもそぐわないように思われること,また,(3) Aが,成城学園前駅でいったん下車しながら,車両を替えることなく,再び被告人のそばに乗車しているのは不自然であること(原判決も「いささか不自然」とは述べている。)などを勘案すると,同駅までにAが受けたという痴漢被害に関する供述の信用性にはなお疑いをいれる余地がある。」
痴漢被害に遭っていれば,回避行動を取るはずだ,というのもステレオタイプな見方であるし,被告人が犯人であると認識して,この人になら言える,と思って糾弾行為に及ぶ,ということも考えられるし,極めて混雑している朝の小田急線で,いったん下車して別の車両に移動するのも困難なことがある,ということが考慮に入れられていないと思われるのです。

私の考える問題点は,補足意見の「被害者の供述が犯行の存在を証明し公判を維持するための頼りの綱であるから,捜査段階での供述調書等の資料に添った矛盾のない供述が得られるように被害者との入念な打ち合わせに努める。この検察官の打ち合わせ作業自体は,法令の規定(刑事訴訟規則191条の3)に添った当然のものであって,何ら非難されるべき事柄ではないが,反面で,このような作業が念入りに行われれば行われるほど,公判での供述は外見上「詳細かつ具体的」,「迫真的」で,「不自然・不合理な点がない」ものとなるのも自然の成り行きである。」の部分に表れているのではないかと。
つまり,検察官が,被害者の供述内容を加工することが,かえって被害者の供述の信用性を落としたのではないかとと思われるわけです。
検察官は,この被告人が犯人でないとまずいため,被害者の供述について,被害に遭ったことは間違いないものの,その犯人が被告人であるかどうかについてはあいまいな場合,この曖昧なほうまで妙に「迫真」性を与えようとしてしまう,のが問題なのではないかと思うのです。

検察官の猿芝居に付き合わされた被害者が,まるで嘘を言っているかのごとく言われる,という今回のような事態は避けてもらいたい。
[PR]
by black_penguin | 2009-04-14 23:43 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧