世界の終わり

昭和47年会のS先生,I先生ご推薦のこの本を読み始めました。
b0066926_22584366.jpg

ご推薦時に,こういう文章だ,と聞かされていたからかもしれませんが,とにかく無駄のない文章に驚きました。こんなに一字一句丁寧に小説読んだのは初めてです。一字一句読まないと,分からなくなってしまう気がするからです。
たまに登場人物の台詞部分が出てくるのですが,その部分が飽きてしまうというか読みにくいと感じてしまうほどです。
魔法のような文章だと思いました。
話の内容も,難解なんではないかと警戒していましたが,そうではなかった。
まだ,上巻の中間部分までしか読んでいないからかも。

と,なぜこの投稿が,業務関連にカテゴライズされているかというと…。
毎日毎日終わりのない繰り返しのような仕事をしていると,どうもここは「世界の終わり」ではないかと。夢読みをひたすら続ける僕,みたいな。
こういうときは,自分で動き出さないとね。
倒産法の勉強会に顔を出すとか,駒沢公園をぐるぐる回るとか。
[PR]
by black_penguin | 2009-03-12 23:10 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務外日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧