<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年

今年も残すところあと1日となりました。

あれもしよう,これもしようと目的を立てた(ような)年始でしたが,結局,何だか転がるように日々を過ごして,今日まで来てしまった印象です。

事務所の方は,人の出入りがあって,何となく落ち着かず,経費は出て行くばかりで,なかなか大変でした。
仕事の方は,何となく紹介筋から何となくいただく感じで,何となく(笑)年が越せそうになりました。

子ども達の成長は,目を見張るものがありました。
8月に4歳になってからは,それが加速している感じ。
朝の保育園への送りも,準備から何からとても楽になりました。
とにかく健康なのが凄い。ほぼ全く休まなかったのではないでしょうか。私はインフルエンザになりましたが。
言葉はもちろん,歌を歌ったり,絵を描いたり,日々進化しています。
若いって凄いですね(笑)。

3月にバリに行き,9月には北欧視察に行き,印象に残る楽しい思い出もできました。
バリには,結婚10周年ということで,子ども達を連れて旅をするということで,大イベントでありました。
9月には,北欧調査旅行ということで,ハードスケジュールながらも日々訪問先でインタビューををするという得がたい経験をすることができました。


そういうわけで,結局振り返れば充実の1年であったと言えると思います。
ただ,何となくもやもやするのは,生活の一つの柱である,仕事の面で,今ひとつ集中できないというか,そのために常に締め切りに終われ(あるいは締め切りに追い抜かれ),勉強をする時間もできず,質の高い作業があまりできなかった気がしています。
何かメリハリを付けるとか,気持ちに切り替えをきちっとするとか,もう少し仕事(や勉強)そのものに集中できるようにしたいなぁと。
もう少し気持ちを強くしないといけないのでしょうね。

早くも来年初めから予定されている仕事がチラチラ見えて,気が重いんですが(笑),今年は,「すぐに腹を立てたりイライラしない」ということは多少実践できたと思うので,来年は,「スルーする力」を磨いて,精神力を強くしたいと思います。
何だか,低レベルな目標ですね。
でも,それが意外になんかにつながりそうな気もします。

ではでは。
今年も,当ブログをご覧いただき,ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by black_penguin | 2014-12-31 00:12 | その他 | Comments(0)

魂の限界

実は,先週インフルエンザに罹患してしまいました。

あんなに痛い思いをして予防接種をしたのにもかかわらずです。

ちょっとおかしいなと思ったのは,先週の金曜日。
咳が急に出るようになって,風邪かなぁと思っていたところ,日曜日の夕方になって急に寒気がして一気に発熱。
私にしては高熱の38度となってしまいました。

翌日も熱は下がらず。
嫌な予感がしたので,家の中でもマスクをして子ども達にうつらないようにしつつ,体調最悪の中懸命に子ども達を保育園に送り届け,その足で病院に。

検査をしたところ,見事にインフルエンザA型でありました。
ワクチンを接種していたことから,症状は軽くなるはずということでしたが,確かに熱はそれほど上がらなかった(しばらくして下がり始めた)ものの,頭痛が酷く,全身の倦怠感で何もする気が起きず。

月曜日の予定はもちろん全てキャンセルして,一日中寝ておりました。
よくもこれだけ寝ていられるかと思うほど寝てました。

翌日は,何とか事務所に出ようと考えましたが,まだ頭痛が酷いのとふらふらするのとで,あとマスクをして感染防止をするとはいえ,感染の危険がある状態での外出はいかがなものかということで,この日も休みました。

裁判の期日を延期してもらったり,いろいろとキャンセル。
熱はもう下がり,夜にはかなり回復してきました。

さすがに3日間は休めないということで,翌日は完全防備で出かけていきました。
それでも,夜の飲み会などは全てキャンセルしました。
楽しみにしていた昭和47年会も延期にしました(←主賓もインフルエンザになるという事態も発生したため。原因はあの人に?)。

さて,こうして2日間まるまる休んで,それ以外にもいろいろキャンセルして気がついたこと。
体が軽い。
気持ちが軽い。
むしろ前より元気になった(笑)。

今年は,仕事もそれなりに忙しかったし,仕事上のストレスもあったし,他のことのストレスもあったしで,肉体的な疲れよりも精神的な疲れで,どうも体が不調でありました。
それが,ある意味で「正当な理由」で,休みをきちんと取れたことで,だいぶ回復したようであります。

たぶん,自分なりに「魂の限界」だったのだろうと思いました。
だからこそ,予防接種をしたにも関わらず,インフルエンザに罹患して,休みが与えられたと。

あまり体力も無いし,精神的なストレスにも弱いので,もう少し,休みを取ってしまってもいいのかもと思いました。
1ヶ月に1日とは言わないけれど,2ヶ月に1日,3ヶ月に1日くらいは,二人を保育園に送り届けたら,家でゆっくり過ごすということが必要なのかもしれません。しかも,そのことに罪悪感を持ってはいけないと(笑)。

というわけで,ケガの功名というべきか,期せずしてしっかりと休みを取ったことで,少しすっきりして新年を迎えることができそうです。


それにしても,魂の限界でしたってどうなんでしょうね。
あなたが,あれしちゃったのを最初にすぐに認めないからでは。
やってしまったことはやってしまったことで,それをすぐに認めないとどんどん状況は悪化していきます。誰もそれを周りで言ってあげられないという環境も問題だと思いました。
[PR]
by black_penguin | 2014-12-20 17:11 | 業務関連 | Comments(0)

北欧調査旅行 最終日

とうとう帰国の日を迎えました。
延泊をしてノルウェーフィヨルド観光に向かう人たちを羨望の目で見送りながら,朝,特急電車でストックホルム・アーランダ空港に向かいました。

ストックホルム市内から空港まで,わずか20分で結ぶアーランダエキスプレス
15分間隔でどんどん出発していきます。時刻表は,こちら
どこぞの国際空港とは偉い違いですね。

ほぼ真っ直ぐの線路で
b0066926_20414656.jpg


時速は,200キロを超えます。
b0066926_20414850.jpg


空港に到着。
長蛇の列でタックスリファウンドの窓口で何とか手続きを終え(とにかく税金が高いので,10%くらい戻ってきます。),チェックイン。
再び,デンマークコペンハーゲン経由で成田に戻ってきました。

b0066926_20415534.jpg


帰りの便も,例のスカンジナビア航空のエコノミーで,しかも,窓側でも通路側でも無い席に押し込まれて苦しい帰途でした。
ただ,さすがに疲れていたのか,結構寝てしまい,比較的早く着いたという感じでありました。

約1週間ぶりに戻ってきた我が家。
時差ぼけなどと言っておられない喧噪に戻ってきた訳ですが,元気な二人が迎えてくれました。


今回の,北欧調査旅行,朝の保育園送りができなくなることから,最初は行くのは無理かなと思っておりました。
ただ,ただの旅行ではないこういう形で視察に行ける機会はもうあまり無いだろうという思いはあり,少し無理をお願いしても,行きたいなという気持ちが強くなってきました。
その結果,妻に無理をお願いし,でも快く送り出してもらうことができました。

行った結果は,というと,本当に行って良かった,行かせてもらって良かったという気持ちです。
一緒に行った仲間(弁護士としては先輩や後輩ですが)も皆素晴らしく,充実した視察をすることができました。
ノルウェーやスウェーデンは,観光で行くにしては,もう一つ(イタリアとかフランスとかに比べると)魅力に欠けるところはあるように思いますが,この国の人々の極めて合理的な考えや合理的に考えられた社会の仕組み,制度は,いずれも優れたもので,自分にとても合うなと(笑)思ったのでした。

不合理ばかりがはびこる日本で,被害者支援に関わる北欧の制度を導入するには,高い高い壁があるようにも思いますが,少しずつでも実現できるよう,今回視察に行った皆と力を合わせて頑張らないと行けないなと思いました。

と言うわけで,1週間以上にわたって,子ども達との3人生活に耐えて頂いた妻に何より感謝をしなければならない今回の北欧視察旅行でありました。
[PR]
by black_penguin | 2014-12-07 21:04 | 北欧調査旅行 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧