<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神楽坂Veri

さて,ついに主賓を迎えてのお食事ができた,6月の恒例会の様子をお知らせいたします。

今回は,主賓ご自宅にも近い,神楽坂にて。
イタリアン「Veri」

b0066926_2111066.jpg


メニューはこちら。
b0066926_2111497.jpg


お料理
b0066926_2111763.jpg

b0066926_21111186.jpg

b0066926_21111444.jpg

b0066926_21112343.jpg

b0066926_21112615.jpg

b0066926_21113086.jpg


うっかりデザートを撮り損ねました。
ということで,代わりに,美味しかった白ワインを。リーズナブルで良かったです。さすがイタリアワイン。
b0066926_21111751.jpg


デザートを撮り損ねたことから分かるように,最初のスパーリングワインでちょっと酔いが回りまして,そうはいいつつ,ワインも飲んでいたら,結構酔ってしまったようで,お料理も後半が少しぼんやりしていて,デザートの記憶に至っては失われた状態。

でも,美味しいイタリアンだったと思います(笑)。
前回と違って,客層はやや高め。
地元の方が来るような感じでありました。
アットホームで良かったです。

例によって,二次会も含めて,ずいぶん喋っていましたが,いつもに比べてやはりぼんやりしか話を憶えていないという。
憶えているのは,最初の方で,老眼を確認したこと(笑)。

近視の人は,メガネやコンタクトをした状態で近くが見えなくなるというのが,老眼の初期状態とのこと。
私は少し前からそんな状態で,裸眼で近くが見えるのだから老眼ではないと言い張っていましたが,調べたらそういうことだったで,皆様にご報告。
そうしたところ,みなも私と同じような考えだったようで,近くのものを見て,「…(沈黙) 笑」のような感じで,自覚しておりました。

あとはバリ島に行こうにも奇妙な障害があるお話かしら。
4泊6日なんてあっという間だからね。

そのうちまた思い出してくるのだと思いますが,それぞれ皆山あり谷あり,いつも順風満帆というわけではないなか頑張っているなぁというような感じを受けました。
そういう中で,定期的にこうして集まれる価値を再発見。

次回もよろしくお願いします。
次回は…,私ですね。


関係ないですが,スマホのカメラがダメですね。
Xperia zなのですが。
9月にiPhone6が出るらしいという噂があるので,このあたりで買い換えたいと思います。
[PR]
by black_penguin | 2014-06-29 21:36 | その他 | Comments(0)

ビビディ・バビディ・ブティック

毎年6月恒例のディズニーお泊まり企画に行ってまいりました。

土曜日の朝ディズニーランドにインパ。
イースター企画最後の土曜日ということや,ワンスアポンナタイムが始まったこともあってか,劇混みのパーク内。
足の踏み場もない状態でありました。
b0066926_1543466.jpg


そんな中,シンデレラ城内やウェスタンリバー鉄道,キャッスルカルーセルなどを体験しつつ,早めにホテルに引き上げ。
今回のお泊まりは,東京ディズニーランドホテルであります。
オンラインで全然予約が取れないので,電話をしてみたら,コーナールームという部屋が取れました。
パークはほとんど見られませんが,
b0066926_15431898.jpg

広くて,なかなか良かったです。
b0066926_15431535.jpg

b0066926_15432141.jpg


さて,お部屋で一休みしたところで,今回のメインイベント,ビビディ・バビディ・ブティックです。

これも予約がなかなか大変なのですが,何とか夕方に二枠確保しました。
b0066926_15432471.jpg


二人は,思った以上にご満足していただいたようです。長女は,ベル(美女と野獣より),次女は,オーロラ姫(眠りの森の美女より)を選択しました。
b0066926_15432739.jpg


何だかお金のかかる2日間でしたが,パークやレストランは,4歳以上でお金が掛かってくるので,3歳最後に行ってまいりました。
しばらくおとなしくしています(していられるかな?)。

今日は雨でしたが,それでも入場を待つ人が。
すごいね,オリエンタルランド。
b0066926_15433394.jpg

[PR]
by black_penguin | 2014-06-22 15:55 | 子育て | Comments(0)

W杯

W杯ブラジル大会が開幕しましたね。

時差は12時間とのことで、朝早く起きればだいたいテレビ観戦できそうです。

もっとも、今日は、午前10時から、しかも日曜日ということで観ましたが、あとはあんまり観なさそうな気がします。

サッカーは、一度も生で見たことはないのですが、どうもその気になれないのは、次のような理由が考えられます。
1.時間に追われる競技
昔、日本のプロ野球も、何時間以上になったら新しい回に入らないみたいなことをしていましたが、時間に追われるとそればかり気になってしまって、競技が面白くなくなるような気がします。
思いつくところでは、ラグビーやバスケットボールでしょうか。
オフサイドというルールを止めて、どちらかが2点取ったらおしまい。2点取るまでやる。という風にすると面白いかも(怒られそう)。
2.点がなかなか入らない。
それを言ってはおしまいよ、という感じですが。
時間に追われることも相まって、ある程度点差ができてしまうともう勝ち負けが見えてしまいます。
9回裏に逆転満塁HRとかは無いわけです。
3.応援が過熱しすぎる。
どこの国でも、もう何だか異様な雰囲気になります。オーストリアに言ったときに、サッカーの応援をする人達と一緒になったのですが、いやいや怖い状況でした。

というわけで、そういう態度の人にあれこれ言われたくないと思われるかもしれませんが、今日は何とも情けない負け方となってしまいました。
コンディションが相当ハードだったように見えました。たちまち運動量が衰えていましたからね。
そういう状況にも長時間耐えられるよう鍛錬を積んでいるはずですが、難しいのでしょうか。
でもいつも日本男子はこのパターンですね。
口では、精神論を皆口にしながら、結局メンタルの部分で弱さがある。
これは訓練しないとダメだと思います。
自己啓発セミナーみたいな(笑)。
窮地になったときに、「まだ大丈夫」と思えるように訓練しておく必要です。

もう何十年もこれを繰り返しているのですが、未だに治りませんね。
女子は立派に世界でみな活躍しているのに、男子はごく一部です。

たぶん、予選突破はほぼ無理だと思いますが、ここで開き直って欲しいと思います。
[PR]
by black_penguin | 2014-06-15 15:10 | その他 | Comments(0)

商事部

毎月の売り上げというのは、当然のことながら波があるわけですが、昨年中旬から比較的安定していたものが、ここへきて何だか負の香りがしてきております。
こうなるといつものように不安になりますよね。
多少余裕を残しているとはいえ、これから半年全く仕事が無かったら、もうどこかの小さなレンタルオフィスに引きこもろうかみたいになりますわ。
何度も言っていますし、皆言っていますが、この商売はほんと水商売ですね。
この仕事を続ける限り、こういう不安からは免れないんでしょうね。

そういうことばかり言っていてはいけません。

ふと気がつくと、昨年来、どうも商事部にかかる事件が多いです。
ずっと主として個人向けのお仕事をしてきたつもりですが、役員の責任追及や、株主総会の決議不存在確認やら、支配権の争いのような事件が何件も断続的に続いています。

商事部というのは、東京地裁民事8部のことであります。
東京では、専門部がいくつかあり、知財部、医療部、交通部、労働部、破産部、そして商事部。(他にもあったかしら?)建築訴訟の関係もありましたね。

破産部と商事部は、東京地裁本体の建物ではなく、家裁や簡裁が入ったお隣の建物に入っています。
「東京地裁」となっているのに、本体の建物内に無いので、ときおり間違えたり迷ったりする弁護士さんもいます。

そんな8部にしょっちゅう顔を出すことになっているわけですが、どうもそこの裁判官の判断には、いつも若干の疑問を抱かざるを得ないのであります。
さらにいえば、知財部はよく分かりませんが、専門部と言われるところの裁判官の判断は、少し定型的、硬直的な判断に偏りがちではないかという感想を持っています。

うまく説明できないのですが、様々な事件が飛び込んでくる通常部と違って、先入観があるのか、無理に類型化しようとするのか、それが判断の硬直化の原因のような気がします。

専門部化されることで、迅速に、そして一種安心して任せられる、という面はあるのですが、それはそれとて様々な事件の中の一つの事件である、ということが少し忘れられてしまうという感じがしているので、筋が少し悪いような事件で逆転を狙おうとすると、通常部よりかなり難しくなっているという印象があります。

というわけで、もともと良い筋の事件だと楽なのですが、そうでないと壁が厚いというのが、専門部で、現在もそういった壁に当たっているというお話でありました。
[PR]
by black_penguin | 2014-06-08 23:20 | 業務関連 | Comments(0)

NEWSWEEK

安倍ちゃんと連日の会食ですっかり骨抜きにされた日本の既存メディアに見切りを付けて、NEWSWEEKを定期購読することにしました。
デジタル時代にあえての紙媒体で。

以前から時折気になる記事があったのですが、定期購読するまでもないかと踏み切れずにいたのですが、正解でした。
基本的には、海外のニュースが多いですが、日本の新聞などでは取り上げていない内容など、独自の視点から切り取られています。

よくも毎週毎週これだけの記事が載せられるのかと感心しきり。
日本の低俗な週刊誌とは全く違います。
もちろん、記事の内容を盲信することはありませんが、一つの見方としてとても参考になっています。

最近面白かったのは、この記事。
ものづくり信仰が日本企業をダメにする

「日本人のものづくり信仰は度が過ぎている。おかげで多くの会社でエンジニアが絶大な発言力を持ち、マーケティングやデザイン部門は彼らの言いなりだ。だから消費者のためというより、エンジニアが自己満足に浸るためだけの機能が付いている製品も多い。」

「日本人はものづくりに注目するあまり、工業品の別の側面、つまりデザインとマーケティングをないがしろにしている。」

日経とかでは、あまり言わなそうな内容ですね。
確かに、機能ばかりがゴテゴテついた電気製品が多すぎる気がします。車もモデルチェンジがしょっちゅうですし。

弁護士業も一種職人的なところがあり、これまでは、それでやっていけたのでしょうけれど、これからは、「デザイン」と「マーケティング」をないがしろにしていてはダメかもしれないですね。

弁護士業でデザインって何でしょうね。
訴状の見た目の美しさとか?
費用の分かりやすさか。

いずれにしても、目の前の仕事を丁寧にやっていれば、次が当然に来るという時代では無くなってしまったのですね。
厳しい40代になりました(笑)。
[PR]
by black_penguin | 2014-06-02 23:09 | | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧