<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ケネディ暗殺 50年目の真実

久しぶりに読書レビューを
といっても、少し前に読んだので中身の記憶が少し曖昧になっております。

ケネディ暗殺 50年目の真実

ケネディ大統領の暗殺事件の真相については、多くの人と同じように結構関心を持っていました。
ジム・ギャリソンの本やそれを原作として映画も観まして、それはオズワルド単独犯行説を疑問視し、前方からも別の人物が撃ったという説に立ち、CIA陰謀論に立っていました。

しかし、今回の本は、どれが真相というようにはっきりは言っていませんが、意外にも?ちょっとおかしくなってしまったオズワルドによる単独犯行説に立っているように読めました。ただ単純にそれだけというわけではないことも示唆されています。
最近の調査や研究で、いわゆる魔法の銃弾と揶揄されたウォーレン委員会の公表した銃弾の流れは、実際に十分あり得る弾道だったことが分かってきたようで、この本の内容は真実に近いのではと思います。
結局あんな人に一国の大統領が殺されてしまったというショックを覆い隠すために逆に遠大な陰謀論がいくつも出たのかもしれません。

この本は、暗殺事件そのものだけに焦点を当てたものではなく、ケネディが生まれてから大統領になり、暗殺されるまでの物語を書いたものです。

ケネディというと、若くして大統領になった清廉潔白な人物、決断力と高い指導力をもった人物というイメージを持っていましたが、大統領になってしばらくは、それとはちょっと、というかかなり違うイメージ。
ピッグス湾事件でのあたふたぶりやホワイトハウスに次々と女性を…という話は何だかショックでした。

しかし、経験を経るにつれて、その能力を発揮し始めます。
黒人差別問題など、これは許せないと思ったことをその信念に基づいて実行していくところはやはり凄いなと思わされました。

最後はしかし不幸な形で終焉を迎えます。
文字通り光と影のある人生でありました。

この本は、文章(翻訳も)が良かったですね。
グダグダと事実を書き連ねるのでもなく、かといって情緒的になっているわけでもなく、変な憶測を入れ込んでいるわけでもなく、ノンフィクションはこう書くべきという見本のような本に思いました。
そこへいくと、日本の原発事故を取り扱った本で「カウントダウン・メルトダウン」とかはグダグダ長すぎる(そこまで取材したのは凄いと思うけれど)、小説風にした「原発ホワイトアウト」は文章が下手すぎてちょっと読んだだけで読む気を無くしてしまいました。
内容が良くてもそれを伝える文章がダメだとダメですね。なかなか難しいです。
[PR]
by black_penguin | 2014-01-25 23:28 | | Comments(0)

ゼロ・グラビティ

実に何年ぶりかは忘れましたが、久しぶりに映画館に映画を観に行ってきました。
ゼロ・グラビティ」という作品です。
こればかりは、映画館で、3Dで観てみたいということで、仕事帰り(正確には仕事を早めに切り上げて)に、IMAX3Dで観てきました。

とにかく凄い映像でありました。
映画では無くて、現実に目の前で起きている出来事のようでした。

出演者は、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけと言っていいです。
さらにいえば、サンドラ・ブロックだけが演じていると言ってもいいかもしれません。

派手な音楽は無く、何か複雑な物語があるわけでもない。
しかし、最初の危機の発生から、その後のいくつもの危機、そして地球への帰還までが、とても丁寧に描かれていました。
すぐそこに死がある宇宙空間の何というか怖さと地球という生命の維持が可能な大地の暖かさとが対比されていて、最後に地球に戻るところでは感動しましたね。

サンドラ・ブロックの体の鍛え方もすごかったです。

初めて3Dの映画を観たのですが、酔ってしまったとの感想も事前に聞いていたのですが、大丈夫でした。
昨年末からどうも疲れやストレスが原因とのことで、右目のまぶたのけいれんが続いていたりして、ここは一つ気分転換でもと思ったのですが、気分転換になったと思います。

お金を払ってまで観に行く価値のある映画は、自分の中ではなかなか無いのですが、これは一見の価値ありといえます。
[PR]
by black_penguin | 2014-01-18 00:11 | その他 | Comments(0)

愚痴

私の場合、仕事の愚痴を家庭ではほとんど(あまり?)言わないようにしています。
言わないようにしているというより、言っても通じないので言わないのかも(笑)。

違う仕事をしているのに、裁判所がああ言っていたとか、弁護人があれだったとか、任売がなかなかうまくいかない、とか旦那に言われても何のことやらですものね。
でも、私としてはその方がいい気がしています。
家庭にリアルな仕事の話を持ち込みたくないものね。

じゃあ仕事の愚痴をどこで?というと、まあこのブログだったりするわけですが、あとは同業者と飲んだりするとか。
ただ、愚痴を伝える、というのはなかなか難しくて、こちらの抱えている状況を言葉で表現して伝えなければならないのですが、それがいかに大変で酷いことなのかを表現するのがあまり得意ではありません。
しかし、自慢では無いですが、人の愚痴を聞くのは得意です。
結構な数のお客さんに、「先生に話を聞いてもらって気持ちが楽になりました」と言ってもらっていますよ。

そういうわけで、またまた小熊犬先生と日本橋の吉野鮨に言ってきました。
愚痴も聞いてきましたよ。
いや〜本当に義理を貫く男ですよ。偉いなと思いました。

と話していると、カウンターには、一人で来て食べて飲んでいるおじさんがちらほら。
しかも、大将とべらべらしゃべっているかというとそうではなくて、もちろんスマホをいじくるわけでも無く、ただ淡々と食べて飲んでいるのです。
う〜ん、これはいいね。
私も、近所のお鮨屋で仕事帰りに一人で寄ろうかと思ってしまいました。
そこでぼんやり何か考えながら食べていれば、愚痴も薄らいでいくだろうと。

ただ、どうでしょうか。もう少し歩けば自宅なのに、なんで家に帰らないのかと言われそうですね(笑)。そういう意味ではなかなかに罪深い楽しみなのかもしれません。
まあ何かの折に一度やってみたいと思います。
[PR]
by black_penguin | 2014-01-10 00:21 | 業務関連 | Comments(0)

2014

明けましておめでとうございます。

更新頻度がどんどん落ちて行っているにもかかわらず、毎日多くの方々に読んでいただき、ありがとうございます。
今年もそれほど頻度は上がらないと思いますが(笑)、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、アベノミクスと浮かれている間に特定秘密保護法の可決や突然の靖国神社の参拝と方向がずれはじめ、これに対して一票の格差裁判で最高裁が政権に遠慮、マスコミも連日のように安倍ちゃんとのお食事会ですっかり骨抜きとなり、何やら私のような者でも不安に感じるような一年でありました。
この傾向が今年どうなるのか。
予想では、良くも悪くもアメリカの言うことだけは聞く官僚から漏らされるあること無いことのせいで、安倍ちゃんの退陣も早々にあるかもと期待半分であります。

まずの問題は都知事選でしょうか。
変な名前が取りざたされていますが、かといって適当な候補者が見当たらないのも事実。ここは、九品仏小学校出身の増田元岩手県知事あたりに一肌脱いでもらいたいところであります。

と、いつもとは違った辛口政治批評(うるさい)はさておき、昨日の紅白歌合戦について一言申し上げつつ、今年の目標を。

ただ、今年も寝かしつけで起きたのが午後10時半近くで、ろくに紅白を見ておりません。
昨年より酷くなった印象だけが残りました。
ジャニタレとAKB関連タレントばかりで占められた感が。
だいたい北島三郎が紅白卒業って、毎年たまたま選ばれていただけではないのかね。私的利用にもほどがある。まあこれでようやく辞めて良かったが。来年はスマップももういいんじゃないか。
毎年同じような人が出ていて、これじゃあ紅白の意味が無いのでは。毎年毎年活躍した人が出て、あ〜こんな人がいるのかという発見が無いとね。
どんどん観る時間が少なくなりそうです。
綾瀬はるかはすっとんきょんな感じで良かったのでは。

さて、今年の目標です。
昨年のお正月には、フィナンシャルプランナー2級合格、囲碁をやる、中小企業の顧客獲得などと言っていましたが、FP2級は達成しました。その他は…。囲碁はいいや。やはり将棋が良い(笑)。
今年の目標
業務改革(抽象的)
つまりは、一件一件を丁寧かつ効率的にを徹底する。
顧問会社を1社増やす。
です。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、恒例の近所初詣。
b0066926_1410316.jpg

[PR]
by black_penguin | 2014-01-01 14:36 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧