<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

修善寺

さて,先週末に,昭和47年会にて,弁護士生活10年,人生40年の記念として,約10年前に同じく昭和47年会で訪れた修善寺温泉に行ってまいりました。

が…。
一人は多忙のため来られず,もう一人は「ある事情」にて直前に来られなくなり,結局メンバーのうち3人と私の家族を急遽動員して,行くことになりました。

泊まった場所は,豪華に「柳生の庄」です。
なにしろ,10年,40年という節目ですので,お部屋も露天風呂付きの豪華お部屋を予約していました。

うちの家族が泊まったお部屋。
それほど広くはないのですが,お庭があって,お風呂は広かった。
b0066926_23505654.jpg

b0066926_23472745.jpg

b0066926_23521272.jpg


もう一つのお部屋。食事はこちらでみんなで食べました。ここで二人が寝ることに。相当広かったです。
b0066926_23473657.jpg


到着してから早速大浴場(露天風呂)に入ってゆっくりしたら,まもなくお待ちかねの夕食です。
連続写真でどうぞ。今回は,お誕生日が直前だった人がいたので,お祝いの鯛も付けてもらい,金杯で乾杯と豪華絢爛(笑)。
b0066926_2347485.jpg

b0066926_2347529.jpg

b0066926_23475425.jpg

b0066926_23475750.jpg

b0066926_2348029.jpg

b0066926_2348324.jpg

b0066926_2348549.jpg

b0066926_23481141.jpg

b0066926_23481475.jpg


2歳半にして,図らずもこの豪華旅館にお泊まりし,高級料亭のごとき料理を堪能してしまったお二人は,お食事が美味しかったらしく,結構いろいろ大人のに手を出して食べ,終わった後は,広いお部屋を所狭しと二人で駆け回っていました。
私よりも和食が好きなようで(笑),お姉様がたからは「渋いね~」と感心されました。

その後は,ラウンジみたいなのところで,一杯やり,お二人と妻はお部屋に。昭和47年会メンバーでお部屋でこじんまりお話ししました。

やはり,普段のお店での飲み会(食事会)とは違って,かなりリラックスして話ができますね。
普段あまりしないような話もできたような気がします。
いいですね。10年経ってもこうして旅館に泊まってお話ができるなんて。
午前2時くらいまで話していました。普段だともう少し話していることもありますが,温泉にも入っていたので,ここいらでさあ寝ましょうということに(笑)。

さて,翌朝です。
朝食はこちら。
b0066926_23504827.jpg

この部屋には,大きな池のある庭があり,鯉が泳いでおります。
お二人は,「お~い。お魚さんおいで~」と楽しそうでした。
b0066926_23505338.jpg


その後再び露天風呂に入り旅館をチェックアウト。
普段はお風呂を嫌がるお二人も,この大きいお風呂に入りたいと,朝も進んで入っておりました。

それなりのお値段ですから当たり前かもしれませんが,とても良いお宿でした。
フロントもなく,昔ながらの旅館風。
仲居さんを含めスタッフの方々も,変にうるさくなく,穏やかです。
お料理も奇をてらっておらず,基本にかえった感じでお味もとても良かった。
行く前にネットで評判を見たときには,ちょっとどうなのか,という感想もいくつかあったのですが,全く大丈夫でしたね。
また行ってみたい気がします。
そして,お二人が,畳のお部屋でとても楽しそうで,お風呂も堪能,お料理も堪能で,こういう旅館に泊まるのもいいのだなと思いました。

最後は,修善寺に行き,10年前を思い出しつつ,それぞれ帰路についたのでした。

というわけで,一人欠け,二人欠けしたときには,どうなることやら,全部キャンセルかとか思ったのですが,何とか無事に旅行を終えることができました。
ただまあ当然ですが,皆で行きたかったですね。旅館がとても良かっただけに,非常に悔やまれます。
何とかリベンジをはかりたいですね。
それには,各自のたゆまない努力が必要です(笑)。
是非とも近年中に再チャレンジができますように,どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by black_penguin | 2013-01-31 00:17 | その他 | Comments(0)

締め切り

前にも同じようなことを書いたかもしれませんが,その場合にはご容赦を。

怒濤の(というのも言い過ぎかと思いますが)打合せ週間が終わったら,その後は,書面の締め切りラッシュに追われています。準備書面だけでなく,早めに申し立てる必要があるものなどなど,とにかく書面の作成に追われています。

かつては,ボスから書面の作成が早いと褒められ,裁判所から指定された締め切り前には書面をほぼ必ず出していた私ですが,昨年あたりから,そこがどうも怪しくなってきました。

裁判の期日は約1ヶ月に1度程度の割合ではいります。
その案件ごとに,作成すべき書面があるとすれば,裁判の案件が20もあれば,ほぼ毎日のように作成すべき書面がある計算になります。

確かに,「今回は被告が反論」とか順番があるので,全ての案件で毎回書面作成があるわけではないので,毎日作成すべき書面があるというと言い過ぎになるのですが,何しろとにかく追われている感じです。

そうなると,期日の1週間前といった期限を必ず守ることが若干困難になってきます。
前は,期日直前に出す相手方に対して書面で嫌みを言ったりしていたのですが,最近は,いつ自分がそうなるか分からないので(笑)控えています。

書面を出すには,基本的には,依頼者に見てもらって了解を得て出すことになりますから,期限前にはできていなければなりません。
例えば陳述書というようなときは,印鑑も押してもらう必要がありますので,さらに前に作成できていなければなりません。
そういう意味で,期限の結構前に書面の案を作成しておく必要があります。

このあたりのスケジュール管理が難しいです。
本当は,この起案を,何日にやる,みたいなマネジメントができればいいのですが,予定外のことが横からどんどん入っていますので,予定も立てにくい。
そして何となく直前まで手を付けずに放置され,あわてる,というパターンが続いています。

よくないね!
ただ,昔褒められたように,一度頭の中で構成できれば,一気に書けるという技は持っておりますので(笑),それでも何とか綱渡りのようにやっている感じです。

早くも疲れ気味で,ちょっとゆっくりしたいですね。今週末くらい。
[PR]
by black_penguin | 2013-01-23 00:01 | 業務関連 | Comments(0)

不毛地帯

年始の1週間は、なかなかにハードなものでした。
次々入ってくる打合せのために、裁判期日と合わせると、7日以外は、1日4,5件何かあるような1週間でした。

それだけ仕事があるということは有り難いことですが、最初の1週間は、年賀状を整理したり、カレンダーを選んだり、これからのスケジュールを考えたり、もっとゆったり過ごしたかった。
自由業ですから、無理にそうしようとすればできた(全部先送り)のでしょうが、そうはいきませんのでね。
いきなりの書面の締め切りなんぞもあって。
昨年末と全然変わらない日常がいきなりきて、今年もこんな感じで1年過ごさざるを得ないのかと少しだけむなしさを覚えました。
まあ40代はこうやって一生懸命働きましょうということなのでしょう。

しかしまあこの1週間の疲れを一気に倍増させたのは、奇妙な弁護士との弁護士会での面談でしょうね。
あれはなんでしょう。訴訟マニアみたいな人種でしたね。
私以上に紛争の全体を見ないんですよ。
目の前に発せされた一言だけに機械的に反応するんです。
うまく表現できないけれど、こちらの一言一言に対して、いちいち「これはこういう趣旨として伺っておきます」的に確認して、いや「それはそうではない」というと、じゃあ言いたいことを書面にまとめてくれっていうんです。
前に某テラスであった不思議な訴訟マニアの相談者みたいでしたね。
絶対にこちらの話に対して同意しないんですね。
ちょっとでも同意したら自分の負けだみたいな。
経験年数的には私よりも上なんですが。
最後は、さすがの私も(いや「さすがの」というほど気が長くないか)、「先生を通じてやり取りしても紛争は解決しないと思います」と言い放ってしまいました(笑)。
このお話し合いは、文字通り「不毛地帯」。
そして僕は途方に暮れたのでした。

そんな感じで1週間が終わりました。
明日からは少しゆっくりしたいわ。
[PR]
by black_penguin | 2013-01-14 23:26 | 業務関連 | Comments(0)

追い出し部屋

以下,朝日新聞より引用

「「追い出し部屋」実態調査へ 厚労省、退職強要を懸念

 大手企業で社員から「追い出し部屋」などと呼ばれる部署の設置が相次いでいる問題で、田村憲久・厚生労働相は8日、調査に乗り出す考えを示した。これまで「民間企業の経営には介入できない」と静観してきたが、退職を強要するといった違法行為につながるおそれもあるとして、実態の把握を急ぐことにした。

 「追い出し部屋」などと呼ばれる部署には、低迷する事業部にいたり、希望退職への応募を断ったりした社員が配属される例が目立つ。おもな仕事は多忙な他部署への「応援」で、製品の箱詰めや議事録づくりといった「雑用」が多い。自分の転職・出向先さがしを命じられることもある。

 このため、社員からは「社内失業者を集めて退職に追いこむのが狙いだ」との反発が出ている。一方、企業側は「新たな技能を身につけてもらい、新しい担当に再配置するため」などといい、退職に追いこむ意図はないと説明している。」

引用終わり

朝日新聞で報道していたのは,パナソニックの子会社の実例でしたね。
労働相談を受けていると,こんな有名な会社が,こんな陰湿なことしているの?っていう事例に結構当たるのですが,やはりかなり広範囲で行われているのですね。

こういう話が出てくると,日本の解雇規制が強すぎるからだという意見がたいてい出てきますが,だからといってやっていいことと悪いことがあるわけで,こういう陰湿なことは,やられる方ももちろんですが,やる方の心も蝕みそうで,人の尊厳に関わる話と言ってもオーバーではない気がします。

ニューズウィーク日本版にこんなコラムが。

私も,「経営層から管理職層、専門職層に対して整理解雇の条件を緩くする一方で、非管理職、非専門職に対しては「より雇用が守られる」というようなバランスの取れた制度にすべき」というのに賛成ですね。

また,精神的苦痛を与えることの悪質性についても同感です。
刑事罰というのはかなりハードルがありそうですが,今のパワハラや退職強要で認められる慰謝料というのは低すぎるという感じがしていて,やはり相当に高額な慰謝料を支払わなければならない場合もある(今までは,継続性や精神的疾患の発症というような場合に高額化していたと思いますが,仮に1回でも,その精神的暴力が悪質であると評価される場合には一気に上げるということもあっていいと思います。)ということで,抑止力となることを期待します。
[PR]
by black_penguin | 2013-01-09 23:28 | 時事関連 | Comments(0)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

2013年(平成25年)も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

毎年恒例の,紅白批評と今年の目標で年初を飾りたいと思います。

昨年末の紅白歌合戦。
結局,寝かしつけ前に少し見て,寝かしつけ後の午後10時くらいからしか見ませんでした。

何で浜崎あゆみがまだ出ているのかとの疑問を抱きつつ皆で見ていましたが,SKE48が登場したところで,長女の名言が飛び出しました。
「いっぱいいるねぇ」
確かにいっぱいいましたね。
しかし,出場歌手が多すぎるのか,一人の歌の時間が短い気がしました。
美輪明宏はなかなか迫力がありました。
MISIAは良かったのですね。出場歌手に入っていないという取り扱いがどういう意味があるのかよく分かりませんが,とにかくアフリカからの生中継であれだけ歌声がキチンとはいるのですから,歌唱力もさることながら,マイクの能力や中継力にも驚かされました。
一方,北島三郎,SMAPには,もう賞味期限が来ている気がしましたね。
特に北島三郎は限界でしょう。早く自ら身を引いてもらいたいものです。
どういうわけか白組が勝ってしまいましたが,司会の堀北真希の凛とした佇まいは素晴らしかったです。
子どもたちと一緒にずっと見られるようになるにはもう少し時間がかかりそうですが,ちょっと時代遅れのイベントの感じが,昨年は特にしたような気がします。

さて,今年の目標です。
例年目標を立ててなかなか実現していないのですが,
今年もそれでもたてておきましょう。
ファイナンシャルプランナーの試験2級を取るとともに,それを活用して中小企業をターゲットにした仕事を獲得。
囲碁を学び,大局観を身につける。
です(笑)。

ではでは。
元日には,恒例のように,近所のお寺に初詣。
お二人は着物を着て行きましたよ。
「可愛いね~」といろいろな人に声を掛けられました。まあ可愛いですけど,というのが心の中の回答です(笑)。
b0066926_23115095.jpg

[PR]
by black_penguin | 2013-01-02 23:24 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧