<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お宮参り

今日は二人のお宮参り。

自由が丘の熊野神社へ。
宗教上の理由から?鳥居をくぐって写真を撮ってくるだけでした(笑)。
七五三の時期なので,結構そうした子たちがいました。

その後,近所の写真屋さんで写真撮影。
デジカメ全盛の時代に,超アナログ。
もちろんフィルムで,でんでん太鼓で注意を引きつけて撮影です。
泣きそうになったのですが,何とか起きて視線をカメラに向けられました。
親たちがどう写ったかは二の次といいつつ,ほとんど気を回さずに撮影したので,出来が心配です(笑)。

そして,みんな(双方の祖父母も一緒)で,自由が丘の鮨処「佐治」でランチ。
2階の個室が使えたので,気兼ねなく静かに食べられました。

ということで,写真&食事はどうなることか読めないところがありましたが,何とか無事にできました。
天気もぎりぎりもって良かった。

近所で全部出来て,それも良かったです。

元気に育って欲しいね。
次はお食い初め。
次々とイベントが開催されます。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-31 23:09 | その他 | Comments(0)

それから

夏目漱石ですが,「三四郎」に続いて「それから」を読了しました。
b0066926_9535348.jpg

親からの仕送りで何をするともせず生活している代助が,友人の妻と一緒になろうとする,という,話としては軽い感じなのですが,これが明治に書かれているということを考えると斬新。
このつまらなそうな話をとても面白く読ませるところに文章力を感じました。
終盤はドキドキしてしまいましたから。

新聞の連載小説だったのですね。
結構話題になったでしょうね。

次は三部作の最後「門」です。
楽しみです。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-29 09:58 | その他 | Comments(0)

長野

先日長野家裁で調停がありました。

午後からだったのですが,お昼少し前に長野について,まずはお昼ということで,そばを食べました。
藤木庵」というお店で天せいろの大盛り。

味音痴の私ですが,そばにはちょっとうるさいです。(といっても美味しいかそうでないか(笑))。
そばはしっかりしてて,やはり美味しかったです。

その後,調停開始まで少し時間があったので,善光寺へちょっくら行ってみました。
b0066926_961677.jpg

天気は悪かったですが,バスツアーと思われるご一行が結構いました。
あと外国人の方も多かったです。

そして調停。
初回ということで,長時間も覚悟していましたが,まあまあの感じで終わりまして,帰りの新幹線でビールにおつまみで戻ってきました。

長野新幹線は初めてだったかも。
東海道に比べるとちょっと乗り心地が悪い。
線路のせいかもしれません。

また12月に行きます。今度はもっと寒そう。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-27 09:14 | 業務関連 | Comments(0)

合宿

この土日は,恒例のオケ合宿で河口湖へ。

今朝の富士山です。
頂上付近にちょっと雪が見える程度。
これも猛暑の影響でしょうか。
b0066926_23252096.jpg


さて今回は,ベートーベン8番等。
例によって初見に近い状態(笑)。
知っている曲ならまだ良いが,よく知らないともうただ楽譜を追うだけ。
眼鏡の度が強いので音符が小さく,読み取るのも一苦労。

なかなか練習にも行けず,家で練習する時間もなく。
厳しい状況です。

しかしここで止めてしまっては,8年?くらいやってきたのにもったいない。
ということで,何とかかんとか続けていきたいと思います。

カラオケボックスで練習している人も結構いるとのこと。
熱心です。
見習わなければ。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-24 23:29 | その他 | Comments(0)

なう

iPod touchの最新版が出たので,買ってしまいました。
b0066926_23362349.jpg

iPadはどうしました?

片手でミルクをやりながらいじれるので,結構使っています。
小さな無線LANのルーター?を買って,
メール,インターネット,そしてTwitterを見ています。

Twitterは,一応弁護士名を名乗ってアカウントを作っていますが,ほとんどツイートしていません。
どんどんツイートして,ホームページへのアクセスにつなげ,来客につなげるべきところですが…。

Twitterでは,独特の言葉が使われています。
代表的なのが,「なう」。
今していることを伝えます。
「うぃる」と「だん」もあるそうです。
「うぃる」はwill で将来やることを伝え,
「だん」はdone で過去にやったことを伝えるそうです。

しかしみんなが「なう」と言っていると自分では使いにくい。
試しに携帯メールのタイトルに「ランチなう」とかしてみたが,そればっかりしているのはやはりしつこい感じがしてすぐに止めてしまった。
でもうちでは,子どもがうんちをしたりすると「うんちなう」とか言っています(笑)。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-20 23:43 | その他 | Comments(0)

プスプス

当然のことながら子どもたち中心の週末。

季候も良くなってきたので,みんなで近所をお散歩です。
そのときに使うのがこちら。
b0066926_9252717.jpg

b0066926_9252527.jpg


「プスプス」という名前の乳母車です。
東京乳母車という会社で作っています。

二人ギリギリ寝ることができます。

しかしいやがおうにも注目を浴びざるを得ません。
本人たちはいいですが(笑)押している方は大変です。

「あら懐かしい,乳母車じゃない」
とおばあさんが寄ってきます。
寄ってこなくてもだいたい見ます。
中に入っている子が見えないのが逆に視線を呼ぶような気がします。

そして中を見て「あら双子ちゃんなの」と再び反応を受けます。
大変です。

でも,さわやかな風に吹かれて二人はご機嫌のままうちにたどり着きました。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-18 09:26 | その他 | Comments(0)

30分

久しぶりに業務関連を。

今日は,東京簡裁へ。過払い金請求ではない。

東京簡裁の弁論と言えば,同じ時間帯に下手すると20件くらい入れられていて,自分の件が時間通りに終わるとの期待は最初から持っていません。

ところが今日の法廷。30分待たされたという某○○電鉄の代理人。
交通事故案件らしい。
「30分待ったんですが,裁判所から一言あっても良いんじゃないですか!」とイライラ。

確かに簡裁の事件処理に問題なしとは言いませんし,30分も待たせたんですから裁判官も「お待たせして申し訳ありません。」くらいの一言あってもいいと思います。

しかし,なんか偉そうな態度。
司法書士だか弁護士だか知りませんが,結構名の知れた会社の代理人として来ているのだから,ちょっと言い方とか考えた方が良いんじゃないか。
だいたい東京簡裁で30分待たされるなんて良くあること。それを知らない経験不足も露呈。

挙げ句に第1回期日にもかかわらず,「出した証拠で結果は明らか。終結して判決してもらいたい。」とまた偉そう。
交通事故訴訟でそんな簡単にいくはずないのに。
まあここでも経験不足を露呈。

何だか気分の悪い法廷状況となりました。



ところで,件の大阪地検特捜部長
「「いたずらに身体拘束」…犯人隠避、前特捜部長ら準抗告で検察批判」(読売新聞より)
らしいです。弁護人が言っているのだと思いますが,こういうことはやられて初めて気づくんでしょうね,検察官は。でも「身体拘束」を許可しているのは,裁判所ですから。
批判は裁判所にして下さい。

いずれにしても,せっかくですから,繰り返しになりますが,人質司法の改善に取り組んでください。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-15 00:01 | 業務関連 | Comments(0)

三四郎

前にも書きましたが,村上春樹のインタビュー雑誌「考える人」に,夏目漱石の,三四郎,それから,門の三部作が面白いとあったので,まずは三四郎をということで,読み終えました。
b0066926_23393154.jpg

夏目漱石なんて,中高生の時には読んでおくべきだったんでしょうが,まあこの年になって読んで分かることもある?かもしれないので。

本当につまらない感想ですが,文章が上手です(笑)。
何のクライマックスもない,淡々とした日常を,これだけ面白く読ませるんですから。

「すると美禰子は石の上にある右の足に,身体の重みを託して,左の足でひらりとこちら側へ渡った。あまりに下駄を汚すまいと念を入れ過ぎたため,力が余って,腰が浮いた。のめりそうに胸が前へ出る。その勢いで美禰子の両手が三四郎の両腕の上に落ちた。「迷える子(ストレイ シープ)」と美禰子が口の内でいった。」

あんまり脈絡無く「「迷える子」(ストレイ シープ)」等という科白が出てくるあたり,村上春樹の文章と似ていると思いました。
現在「それから」を読んでいます。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-13 00:09 | その他 | Comments(0)

ベビーバス

うちに帰って最初にやることは,子どもたちをお風呂に入れることです。

これまでは,ビニールプールみたいなものを使っていましたが,左手で頭を支えつつ体を洗うのが大変になってきたので,こんなんを買いました。
b0066926_2335327.jpg

mamas&papasの2WAYベビーバス。

0か月から12か月まで使えるとのこと。
確かに両手を使って足など洗ってあげられるので楽ちんです。

しかし,二人続けてお風呂に入れなければなりませんから,それなりに大変です。
でも,とにかくとっても可愛いお顔を見せてくれるので,癒されます。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-09 23:37 | その他 | Comments(0)

顧問契約

(以下,asahi.comより引用)
財産管理を任されていた東京都内の女性(96)から不当に高額な報酬を受け取っていたなどとして、東京弁護士会は5日、永吉崇(ながよし・たかし)弁護士(70)を業務停止2年の懲戒処分にした。永吉弁護士は「不当に高額ではなく、使途不明金もない」と反論しているという。

 弁護士会によると、永吉弁護士は1996年5月、当時82歳だった女性と、不動産、預貯金などの財産を月40万円で管理する顧問契約を締結。女性が脳梗塞(こうそく)や痴呆(ちほう)の症状で病院に入院した98年6月以降は通帳、印鑑を預かり、年金も管理した。

 しかし、専用口座や帳簿をつくらず、看護や介護に必要な経費をはるかに上回る額を引き出した結果、当初は6千万円以上あった預貯金が2005年ごろにはほぼゼロになり、入院費も支払えなくなった。預貯金6千万円のうち約4千万円は顧問料として受領していた。

 弁護士会の説明では、財産管理の報酬は通常、月3~5万円程度で、40万円は高額すぎるという。残る2千万円は入院・介護費用などに使われたとみられるが、一部に使途不明金もあるという。
(引用終わり)


裁判所より選任された成年後見人,保佐人等はもちろんのこと,任意の財産管理契約であっても,高い倫理性が求められるのは当然のこと。
まあ弁護士業務そのものに高い倫理性が求められるわけですが。
高齢者の場合,任意といっても,その判断能力が十分であったかどうか,後に問題になることも多いわけで,その点では,慎重の上にも慎重な対応が求められます。
「お世話になった先生に,私の財産を全部譲るわ」などと言われても決して応じてはいけません。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-07 09:42 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧