<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

立教大学

(以下,スポニチより引用)
フジテレビドラマ「赤い糸」(土曜後11・10)と同題の映画の両方で主演の女優・南沢奈央(18)が立教大学現代心理学部に合格した。「女優業にいい影響があると思います」と大喜び。清純派女優として人気急上昇中で、同局「上地雄輔物語(仮)」(3月14日後9・00)で上地雄輔(29)の高校時代の彼女役にも決定した。

 合格の一報に南沢は「勉強したいという気持ちを持っているうちに、たくさん吸収したいと思いました。大学生活で教養を増やして1人の人間として成長できれば、女優業に何かプラスになると思っています」と笑顔だ。

 一般の志願者とともに公募で推薦入試の「自由選抜入試」を受験し、英語、小論文、面接などの試験を突破した。芸能界で成績優秀として知られる南沢だが「正直、精神的にも体力的にも大変だった」。女優と受験勉強の両立はハードだったようで、「赤い糸」のロケ現場などでも参考書や単語帳を持ち歩き、帰宅してからすぐに机に向かった。一方で「疲れなどが出ないように気をつけた」と女優としての自己管理も忘れなかった。

 立教大については「建物自体にとても味があってすてきだと思いました。あと、尊敬している両親も立教大学出身なのであこがれていました」と話した。

 同大現代心理学部は心、身体、環境の相互関係の中で、人間とは何かを見ようとすることをテーマに掲げており、現代人のものの見方や感覚に影響を与えている映画、テレビなど映像の働きも追究する。まさに南沢にとって興味をひく内容で「楽しんで学べたらいいなと思います」と希望に胸を膨らませている。
(引用終わり)

ミスキャンパスグランプリも立教から出たらしいじゃないですか。

大学の経営難の中,よく頑張っていると思います。
そのうち偏差値も上がって,「え~立教出身なんですか?」と褒められるような時代がくるといいかと思います(笑)。
まあ立教は,そこいらの(WとかKとか)と違って都会派の大学ですから。偏差値じゃ比べられないんです。
何しろ,大隈とか福沢とかじゃなくて,St.Paulですから。
なんつって。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-28 23:48 | 時事関連 | Comments(0)

引退

今日,弁護士間で使っているML(メーリングリスト)に,ある弁護士さんから投稿が。

要旨は,
高齢のため,引退を決意し,1,2年前からあらたな事件受任は中止して,残っている事件を片付けてきた。
それもこのたび全て終了した。
まもなく廃業する。
ついては,MLのアドレスを削除して欲しい
というものでした。

弁護士という職業は定年がありませんから,死ぬまでやるか,そうでなければどこかで見切りを付けて引退をすることになります。
長い期間やってきた仕事を辞めることを決意し,事件を片付けていく,というときの気持ちってどんなもんなんだろうか,とちょっと感慨にふけってしまいました。
ここだ,と決めて整理して,しかもMLのメールの整理までするなんて。
何というか武士のよう?すがすがしさを感じました。

いつか自分もこういうことを考えねばならないときがくるのでしょうね。
そのときにこんなかっこよく引退できるのか。
いろいろ考えさせられました。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-25 23:33 | 業務関連 | Comments(0)

トライアングル

ドラマですが,今回のクールは,「トライアングル」がおすすめです。
火曜10時。
そんな時間に帰れね~よ,という声も聞こえてきそうですが…。

小田和正のエンディング曲がいい。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-24 23:49 | その他 | Comments(0)

華正樓

土曜日に,いつもお世話になっている横浜の弁護士さんご夫婦と,横浜中華街の「華正樓」に行きました。

個室を取っていただき,コースで。
前菜やスープをいただいた時点で結構お腹がいっぱいに(笑)。
しかし,北京ダックやちまきもいただき,完食してしまいました。
紹興酒も飲んで,静かにお話もできて良かった。

その後NAVIOS横浜のバーラウンジに連れて行ってもらいました。
赤レンガ倉庫やベイブリッジがよく見えて,綺麗でした。

ということで,充実の贅沢な土曜日を過ごすことができたのです。


その横浜の弁護士さんとやっているSFCG相手の過払い訴訟。
代理人にずるずる延ばされているうちに,今日民事再生申立と相成りました。
悔しいので,この代理人相手に損害賠償でも請求してやろうか,てな感じですが,そうもいかないので,これはもう大島健伸の個人資産を根こそぎひっぱりだしてもらうしかなさそうです。
案外これだけで債権超過になっちゃったりして。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-23 23:10 | その他 | Comments(0)

劇場型裁判

(以下,asahi.comより引用)
東京都江東区のマンションで昨年4月、会社員女性(当時23)が殺害され遺体が切断されて捨てられた事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われた元派遣社員星島貴徳被告(34)に対し、東京地裁は18日、無期懲役の判決を言い渡した。検察側は死刑を求刑していたが、平出喜一裁判長は「戦慄(せんりつ)すら覚える犯行だが、計画的ではなかった」などとし、「死刑をもって臨むのは重きにすぎる」と述べた。

平出裁判長は、検察側が切断されて捨てられた女性の肉片を大型ディスプレーに映し出すなどして残虐性と社会に与えた衝撃を積極的に立証したことを踏まえ、「死刑の選択も考えるべき事案だ」と指摘し、量刑を検討した。
(引用終わり)

「裁判員制度を意識して」検察官も弁護人も裁判所も劇場型の刑事裁判を進めようとしているように見えます。
事実は,適式な証拠調べ手続を経た証拠能力のある証拠によって証明されて認定されなければなりません。
しかもその証明の程度は,合理的な疑いを入れない程度の証明が求められます。
この本質がないがしろになってるんじゃないか,というのは今までもそうでしたが,裁判員制度になると,意図的,悪意ではなく,自然に等閑視されてしまうのではないか,との漠然とした危惧は抱かざるを得ません。
上記のような事実の認定は,それなりに訓練を受けないと無理ではないか,と思うからです。

しかし,制度は始まってしまいます。
そんなときに,弁護人はいいとしても(合理的な疑いを生じさせるのが役割ですから),検察官が,徒に裁判員の視覚に訴えるような「立証」作業を無制限にやっていいものかどうか,疑問無しとできません。

いま,ジョン・グリシャムの「無罪」という本を読んでいます。
ノンフィクションです。
無実の人が,有罪,死刑判決を受けるという衝撃的な内容です。
読み終わってからまた感想を。

そこで,提案。
裁判員制度→事実認定作業は職業裁判官に任せ,裁判員は量刑判断にのみ参加する。もちろん裁判員は最初から裁判を見ますが。
事実認定→全て合議体でする。そのためには裁判官を増やす。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-20 23:37 | 時事関連 | Comments(0)

自己破産申立

(以下,毎日新聞より引用)
損賠訴訟:「行列」出演弁護士事務所、依頼放置で賠償命令--東京地裁

 東京都内の衣料品卸会社から依頼された自己破産の申し立てを2年間放置し会社の財産が失われたとして、同社の破産管財人が、弁護士法人アディーレ法律事務所(東京都豊島区)に約496万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(針塚遵裁判官)は13日、全額の支払いを命じた。同事務所側は控訴した。

 判決によると、同事務所は会社から依頼を受けた約2年後の07年12月、破産手続き開始を東京地裁に申し立てた。この間、会社から預金通帳を預からなかったため、役員の報酬などで約1017万円が出金され残高は約6万円になった。針塚裁判官は「速やかに破産を申し立て、管財人に引き継ぐまで財産が散逸しない措置が求められた」と述べ、重大な過失があったと認定した。

 事務所代表の石丸幸人弁護士はテレビ番組「行列のできる法律相談所」への出演で知られる。「破産法の運用を十分に理解していない裁判官による不合理な判断」とのコメントを出した。【銭場裕司】

 ◇管財人の佃克彦弁護士の話
 当然の判決。受任から数カ月で申し立てるのが普通だ。
(引用終わり)

確かに,破産者本人については,免責の問題でしょうかね。
しかし,受任通知を出すと,少なくとも貸金業者による取立は禁止されるわけですから,その一方で,申立代理人にもそれなりの管財人的な役割が求められるわけで,弁済に当たっては債権者平等が求められるし,不当な資産流出を防ぐ責務も負っているといえるでしょう。
いずれにしても,受任から2年も経っていたら,それなりの理由がないと怠慢といわれても仕方が無いでしょうね。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-17 23:52 | 時事関連 | Comments(0)

コサキン

コサキンの2月7日分を聴いていたら衝撃のニュースが。

今年の3月いっぱいでコサキン終了するとのこと。
27年続いたのに。
オーバーに言えば,心にぽっかり穴が空き,言葉が見つからない,てな感じです。

聴き始めたのは,高校生のときだったでしょうか。
当時は生放送で,野球中継のあとでやっていた記憶です。
長嶋茂雄のまねで,「石毛がだめだった」とかなんとか言ったりしていました。
菅原文太の声で「のどの仏さんが…」シュワシュワとか言ったりしていました。
司法試験で落ちたときも元気づけられました。

どうしてこの時期なのかな?と思います。
コサキンの二人がそろってはじめて出てくる独特の面白さがあったのに。
とても残念。
舞台を二人そろってやって欲しいね。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-16 23:26 | その他 | Comments(0)

Cote d'Or

フランス語で,「黄金の丘」という意味があるという「Cote d'Or 」(コート・ドール)というフレンチレストランに,バレンタインデーということで,妻に連れて行ってもらいました。
(ホームページは無いようなので,名前で検索してください。)

コースは特に無いようで,アラカルトで頼みました。
前菜とお肉料理を。
前菜は,サワラの燻製とピクルスみたいなもの。
メインは,鹿肉をいただきました。
あとはチーズとデザートを。
はじめにアミューズも。
かなりお腹いっぱいになってしまいました。

奇をてらわず王道のフレンチという感じ。
余計な料理の説明もなく,静かで,でもいいタイミングでグラスワインいただきました。
内装や食器もシンプルな感じ。
良いお店でした。
ありがとうございました。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-15 17:16 | その他 | Comments(0)

定例会

すっかり更新が滞ってしまいました。

月曜日
市場に出かけ,糸と麻を買ってくる。

火曜日
定例の昭和47年会。
今回は,赤坂のレストランで。
ちょっと路地を入った隠れ家的なイタリアンのお店。
料理は美味しく,ワインも美味しかった。
二次会は,アイリッシュバー(通称は,「外国人ホイホイ」らしい。どんどん外国人が入っていくので。何とも危険な表現(笑))。
ということで,気分良く食べて飲み過ぎ,お店の人に「4時で閉店なので」と声をかけられ,午前4時32分に自宅到着。
まあとにかく,リラックスしてベラベラしゃべれるという,素晴らしい空間。
皆さんお忙しいところお集まりいただき,ありがとうございました。
小熊犬先生には,嫌がらせのように電話をし,無理矢理事務所から引っ張り出したと思ったら,あれやこれやとみんなでお説教(笑)。

水曜日
飲み過ぎと,そもそも帰りが遅かったので,ほぼ寝ていた。他の皆さんは,お仕事の様子。申し訳ありません。

木曜日
午前中法テラス相談。
世の中には,こういう状況で生きている人がいる,というのを実感させられる。

明日はもう金曜日。
水曜日がお休みだったので,得した気分。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-12 23:42 | 業務関連 | Comments(0)

アメリカかぶれ

ちょうど一年前に企画スタートした当職ホームページがいよいよ運用開始されました。
簡単に作ってもらうはずが,いろいろと手数をおかけしてしまいました。
でも斬新なものができました。
ここで紹介できないのが残念ですが(笑)。
日本の法律事務所のHPではなく,アメリカの弁護士さんのHPを参考にしてみました。

話変わって,にわかオバマニアとして,この本を買ってしまいました。
b0066926_22132554.jpg

妻からは,「オバマかぶれ」との称号をいただきました。
あらためて聞くと声がいいですね。
今日のベルリッツの講師も,お顔はあんまりさえない感じでしたが(笑),声はとても良く,早くしゃべっても聞き取りやすかった。
弁護士業も,裁判などありますし,依頼者との打ち合わせもありますし,声は大事かなと思います。自分は声が小さいとよく言われるので,少し訓練でもしようかと思いました。
[PR]
by black_penguin | 2009-02-08 22:16 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧