<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

負の連鎖

悪いことは続くもので。

先日の大ミスに続き,事務所で使っていたパソコンが故障。だいたいはサーバーにファイルがあるので,大きな損害は生じなかったものの,せっかく作った独自の書式などがパーになってしまった。特に管財業務がらみのものが失われたのが大きい。今日は,その回復に追われてしまった。

さらに不幸なことに,ランチで食べた,つけ麺うどん?のようなものにつゆが入ってなかった。こういうもんかと思って無理に食べたが,あとで同じものを頼んでいる人のを見たら,ちゃんと別にあったらしい。つまり忘れられていた。

ということで,夏休み前にやらなきゃいけないことがたくさんあるのに,ミスとパソコン故障のせいで,すっかり滞ってしまった。まずい。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-30 23:53 | その他 | Comments(0)

ひらまつ

以前に書いたかどうか失念したのですが,株主優待目的で,株式会社ひらまつの株式を一株購入しました。

そして,日曜日,その株主優待のコースで,こちらのレストランで,食事をしました。いつもお世話になっている横浜の弁護士さんご夫妻とともに。

だいぶ「優待」してもらったはずですが,飲み物など含めると,結構なお値段になってしまいました。
しかし,お店の雰囲気は良く,割合静かで,食事も美味しく,多すぎず,大変良かったと思います。

先週仕事上の大ミスが発覚し,落ち込んでいたところなので,いろいろ話ができて良かった。
が,そのミスの余震はまだ収まらず。
いよいよこの世界から追い出されるかも知れません…。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-28 23:27 | その他 | Comments(0)

地頭力

ちょっと前に,「地頭力」という言葉が少し流行っていたのですが,そのときは,どうせまた「○○力」の類だろうと気にとめていませんでした。

ところが,本屋で「地頭力を鍛える」…「日本全国に電柱は何本あるか?」との文言に目を引かれ,つい手に取り,中をちょっとのぞいたら面白そうなので購入してしまいました。
b0066926_061014.jpg


予想以上に参考になりました。
自分のダメな部分を見事に突いていました。

「結論から考える」~仮説思考力
「全体から考える」~フレームワーク思考力
「単純に考える」~抽象化思考力

法律相談,法律問題の解決には,この考え方が重要ではないかと。
前に書いたような記憶があるが,事務所のボスなどは,結論があり,そこに向かって論理的に説明していく,ということをいつもしている。そしてそれは,問題を常に全体から見ていることに他ならないと思われる。
もちろん,この結論を仮説するには,経験とある種の芸術的センスのようなものも必要だと思うが。

この本でもう一つ参考になったのは,「地頭型多能人」とは,地頭力に加えて,対人感性力もバランス良く持った人だというところ。
「個々の人間の感性に訴えるためには一人ひとりを他者と違う「オンリーワン」として扱い,相手の目線で話し,「正しかろうが間違っていようが」相手を批判せずにまずは共感し,そのために効率よりも一見無駄に見えるものも重視するという姿勢が重要になってくる。」と

とにかく珍しく,若干目から鱗が落ちる感じの本でした。
おすすめです。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-25 00:20 | その他 | Comments(0)

コンサルタント

経営コンサルタントというのがありますが,弁護士事務所の経営に関するコンサルタントを業務としている会社もあるのです。
そこで頼むと,調査して,意見書書いてもらって,その実践方法を伝授してもらって,3日間来て100万円だそうです。
高~い。

当然こんな高いのは頼みませんが,そこで出しているDVDが5万円であったので,これまた高いですが,買って見てみました。
内容としては,どういう形態の事務所を形成して,どういう商品を売っていくのかを決めていく方法,実際の商品の売り方(ホームページの活用)の伝授といったところ。
あ~そうなんだ,と思う部分もあるし,ほんとかそれ,と思う部分もあるし,知っているよもう,という部分もある。

だいたいは,相談者目線で考えれば分かりそうな内容ばかり。
どんな事件を扱って,どのような処理をするのか,わかりやすく示せとか。

分かっていてもやらないのがこの業界の人々。
ですが,この弁護士激増競争時代には,そうはしていられません。
これ参考に,前向きに取り組んでいきたいと思いました。
前向きに取り組む→やらない(官僚用語)

しかし,職人だから,いい仕事していればぶっきらぼうでも自然に仕事が付いてくる,という時代ではない,というのはその通りだと思った。

いつも行っている床屋さんも,美味しいイタリアンレストラン(CIBO)も,技術がしっかりは当たり前で,それに加えて,丁寧なサービスがされています。
そういえば,麻布十番の「かどわき」の門脇さんは,我々のような者が行っても,帰るときは店の外まで送りに出てきてくれます。

高い対価を払ってサービスを受けようという人をいかにもてなすか,プロフェッショナルかどうかが問われます。

ということで,内容はSoSoでしたが,考えるきっかけになりました。
そのDVDの最後に,日経を毎日読め,専門書を一月に一冊は読め,海外旅行は年に一回行け,とありました。全て実践しています(笑)。

今日買ってきた本。
b0066926_23271093.jpg

[PR]
by black_penguin | 2008-07-22 23:33 | 業務関連 | Comments(0)

法曹人口

(以下,日経新聞より引用)
法曹増員、日弁連「ペースダウンを」 司法改革に一転異論
 法曹(裁判官、検察官、弁護士)の人口拡大に向け、司法試験合格者を2010年までに毎年3000人に増やす政府計画について、日本弁護士連合会は18日、「ペースダウンを求める」とする緊急提言をまとめた。近く法務省などに提出する。司法制度改革の一翼を担う日弁連が事実上、方針転換したといえ、反響が大きそうだ。

 同日記者会見した宮崎誠会長は「司法制度改革を後退させる気はない。増員方針に変わりはない」としながら、「基盤整備がなされていないことを考える必要がある」と説明した。

 提言は「数値目標のみを追求することは、法的基本知識が不十分な法曹を出現させることになりかねない」と指摘。そのうえで、「国民の求める法曹の質を維持する視点から、増員数値目標にとらわれることなく、司法試験合格者の決定に厳格な審議が必要」として、増員のペースダウンを求めている。
(引用終わり)

ようやく日弁連執行部も気づいたようです。遅すぎです。
早速,弁護士利権を守ろうとしているとの批判が出ているようです。官房長官も何だか言っています。
しかし,日本には,行政書士さん,司法書士さんといますから,いわゆる法曹人口は決して少なくありません。
それにいくら弁護士増やしたところで,あまりに不十分なリーガルエイドでは,市民の司法利用なんか増えませんよ。
裁判官も増やさず,検察官も増やさず,リーガルエイドの予算も増やさず,犯罪被害者のための予算もろくに増やさず,まあよくも「見識を疑う」などと言えたものです。

伊藤塾の伊藤真氏が珍しくいいことを言っています(上記記事について)。
「法律家は職人。売れる,売れないより「良い仕事」を目指し,依頼者の利益や正義にのめり込む。そのため教室で教えられることには限りがあり,現場で先輩が後輩を鍛えるマンツーマン教育が不可欠。しかし,急速な増員で手一杯になっているのが現状だ。「自由競争」はいい言葉だが,法律家にはなじまない。「頼んだ弁護士が”はずれ”だった」ではすまない。弁護士会がペースダウンを言い出した理由を業界エゴと切り捨てず,議論して欲しい。」

ということで,完全に弁護士目線の「エゴ」的に語ってみました。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-19 23:38 | 時事関連 | Comments(2)

教員採用

(以下,毎日新聞より引用)
教員採用汚職:高校でも口利き 小学校からすべてで不正
 大分県の小学校教員採用を巡る汚職事件で、同県の高校教員採用でも不正が行われていたことが分かった。収賄容疑で再逮捕された県教委義務教育課参事、江藤勝由容疑者(52)は中学教員採用でも不正な口利きをしていたことが判明しているが、高校教員採用は同課とは別の課が所管しており、小学校から高校までの教員採用すべてで不正が行われている実態が浮かんだ。
(引用終わり)

正直言って,やっぱり,というか当たり前というか。
市役所の職員になるのもコネでしか入れないと公然と言われてましたから,我々の時代。

こんな感じで教育が崩壊→国が崩壊。
天下りに居酒屋タクシーと,何だか後進国みたいな汚職天国。


仕事の方はちょっと落ち着き気味。
こういうときこそ勉強して知識を入れなければ。
株主総会がらみで会社法をみてきたので,もういちど労働法&離婚関係&遺産分割関係かな。
せっかく頭に入れたつもりでもすぐ出て行ってしまうから。
頭が悪いので繰り返しやらないと。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-17 22:41 | 時事関連 | Comments(0)

セクハラ

(以下,共同通信より引用)
法テラスでセクハラと提訴 元契約社員が賠償請求
 法的トラブルの解決を手助けする「日本司法支援センター」(愛称・法テラス)のコールセンターで働いていた元契約社員の30代女性が14日、上司のコールセンター長にセクハラ(性的嫌がらせ)を受けたとして、センター長らに770万円の損害賠償などを求め東京地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は法テラスがコールセンター業務を委託したコンサルティング会社アクセンチュアの元契約社員。上司のセンター長は同社の正社員で、昨年10月に2人で飲酒した後、タクシー内で女性の胸を触り、キスするなどした。

 女性は心身が不調となり「急性ストレス障害」などと診断を受け、会社に被害を訴えたが6月末で解雇された。

 法テラスは「コールセンターは身近な司法を実現するための看板業務で、誠に遺憾。アクセンチュアに対し、適正で迅速な解決とセクハラ被害防止策の提示を求めた」とコメントした。
(引用終わり)

いまどき,セクハラ→被害申告→雇い止め,などという典型的な事例がある方が驚きですな。
加害者本人の行為も悪質なら,雇い止めをした会社も相当悪質かと思います。
そういう意味では,業務委託契約解除も視野に検討しないと。こんな会社に委託していると,あとでどんな問題が発生するか分かりません。
ただまあこれも報道だけからの情報ですから,実際はどのような事実関係だったのか確認しないといけませんが。

他の記事を見たところ,どうやら時給を上げるといって誘い出し,実際にセクハラ後に時給が上がったと。これは背任か?会社との関係では。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-15 23:55 | 時事関連 | Comments(0)

尋問三昧

嫌いな尋問が立て続けにありました。
先日書いた,午前から午後にかけてのものに引き続き,先週金曜日午前にも。

頭が悪いので,ちゃんと準備しておかないと,混乱してしまいます。
敵性証人や相手方本人の場合には,当然のことながら事前のリハーサルなんかできませんから,陳述書をベースに事前に反対尋問事項を組み立てておきます。
それでも,反対尋問でガラガラ崩れるというのは,完全な幻想です。
嘘をつく人は嘘をつきとおしますから。あるいは沈黙してしまうか。
それに,裁判所は,事前に心証をだいたい形成してしまっているので,意外にも尋問でボロが出ても,自らの心証に合わすように証人を救ってしまったりします。
せっかくの苦労も水の泡です。

そういうわけで,尋問とは,ある意味で嘘のつき合いで,裁判所も単に自分の心証に合った内容を無理にでも引き出そうとするだけで,何というかむなしい活動でもあります。

それでも,依頼者にとっては,人生に一度あるか無いかの極めて緊張する場。
できるだけ事前の打ち合わせを充実させる必要があります。
それが大変。

でも,当職としては,できるだけ「作らない」。
ありのままを話してもらうことにしています。
作ったしゃべりは,不自然さがもろに出ますので。

9月にも大きな尋問が予定されている。
憂鬱ですわ。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-13 23:26 | 業務関連 | Comments(0)

クールビズ

蒸し暑い日が続きます。今日は比較的涼しかったけど。

去年も同じようなことを書いた気がしますが,クールビズの季節,服装をどうしようか迷います。
去年は,一応ジャケットも持ち,ネクタイもしていたと思います。
今年は,ここへきて思い切ってジャケット持つのを止めてみました。
楽ちんです。
ただ,ネクタイは外しません。
やせているので,外すと,東京拘置所に移送される人,みたいになってしまうので。

官公庁では,みんな同じような格好です。
タック入りのパンツに白いワイシャツ。ネクタイはせずに,IDカード入れみたいなのを首からぶら下げるスタイルです。
ネクタイをすることが前提のワイシャツを着ているので,やはりちょっとおかしい。
ネクタイしないなら,それよのシャツを着ないと。

一方で,ものすごい蒸し暑いのに,ジャケット&ネクタイの人もいます。
仕事柄か性格か。
暑くないのか?と思う一方,やはり見た目はいいですわな。

ということで,今年は,ジャケット持たずで夏を過ごしたいと思います。
高いスーツ買ったのに…。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-10 23:28 | その他 | Comments(0)

野球

(以下,asahi.comより引用)
セ・リーグは8日、阪神が巨人に5―3で勝ち、上位3球団で日本シリーズの進出権を争うクライマックスシリーズ(CS)進出へのマジックナンバー「55」を点灯させた。阪神の勝率を、巨人、ヤクルト、横浜の3チームが自力で上回れなくなったため。
(引用終わり)

ということで,あっちこっちから戦力を買い上げていながら,巨人のこのていたらく。まあ原の采配でしょうな。原因は。
采配といえば,中日落合監督の投手起用・交代に関する采配には,一言いいたい。
選手を信頼する,という建前からか,明らかにボールの勢いが落ち,誰が見てもまた打たれるだろうというところでも,川上とか先日の吉見とか,全然代えようとしない。
選手への信頼は分かるが,結局逆転された後の他の野手は明らかに気力が無く,逆に信用を失っている感じ。
シーズン通してのプランもあるだろうが,落としてはいけない試合を落としていては,これは優勝できませんわな。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-08 23:04 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧