<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

賄賂

(以下,NIKKEI NETより引用)
地裁事務官が収賄容疑で逮捕、広島・破産手続きで便宜

自己破産の手続きをめぐり、申立人から現金を受け取ったとして、広島県警捜査2課と広島東署は30日、収賄容疑で広島地裁事務官、藤岡貴久容疑者(37)=広島市南区丹那町=を逮捕。広島地裁や地裁福山支部を家宅捜索した。

藤岡容疑者は「破産手続きの仕方を個人的に教えたが、現金はもらっていない」と容疑を否認しているという。

 調べによると、藤岡容疑者は広島地裁福山支部で破産手続きの受け付けや説明の事務を担当していた2005年9月上旬から中旬にかけて、自己破産を申し立てた福山市神辺町の知人男性(28)にアドバイスする見返りに、現金十数万円を受け取った疑い。男性は同年11月ごろ自己破産が決定した。県警は男性が贈賄容疑を認め、逃走や証拠隠滅の恐れがないことを理由に、逮捕を見送り書類送検する方針。
(引用終わり)

どんな便宜を図ったのか,記事からははっきりしません。
十数万円払ったのですから,単に「アドバイス」の対価であるはずがありません。
車やその他の財産があるにもかかわらず,無いとして同時廃止にしたとか,ギャンブルで作った借金なのにそうでないと偽ったとか,免責にからむ問題について便宜を図ったとしか考えられません。

贈収賄にはならないとしても,ここらあたりは申立代理人としても,厳しい倫理観を持ってやらないと,悪い申立てをしてしまいかねません。
その信頼が失われるような事件が起きたら,今の東京地裁の取り扱いは,根本から覆さなければならなくなるでしょう。


さて今日は,藤沢簡裁まで,過払訴訟に出頭してきました。
東海道線のグリーン車に乗って,お昼を食べながら行ってきました。
プチ出張で,少し楽しい気分に。
こういうのも必要かもね。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-31 23:31 | 時事関連 | Comments(0)

要件事実

あらためて要件事実の重要性を認識した一日。

訴訟の第一回期日で,被告側で出廷。擬制陳述もあり得たが,迅速な審理実現のため。
担当裁判官が,前の事件の代理人に「言っていることがよく分からない。整理して主張してほしい」などと言っていたため嫌な予感がしたが,案の定,答弁書についてあれこれと。
「抗弁を主張するのか?」「どんな抗弁を?」「ここは成立を否認するのか?抗弁を主張するのか?」「予想される主要な争点は?」
被告の主張についてはまだ詰め切れていないので,何となく歯切れの悪い答えに。
だらだらやる裁判官よりよっぽどいいけど,焦りました。
準備が不足していました。

夜は医療過誤事件の研修。示談・訴訟編。大入り満員でした。
講師の弁護士のクレバーなこと。
東京では医療過誤訴訟が,集中部にかかるため,裁判官が,代理人を見て(というかその作成する書面や訴訟活動を見て)心証を決める確率が高いらしい。
端から見てあれこれ言うのは結構楽ちんなのよね。当事者は大変なのよ。
とまあ,「代理人を見ている」と強調する内容に若干の反発心も覚えつつ。
ここでも,責任論,損害論。主要事実,間接事実。積極否認(理由付否認)等々,当然といえば当然ですが,訴訟活動の基本が語られていました。

民裁起案がいまいちだったのを思い出し,自分の頭の悪さにあらためて落胆する一日だったが,民弁起案は良かった,という肯定的な評価も思い出し,またがんばろうと思いました。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-30 23:33 | 業務関連 | Comments(0)

寝技

ベテランの弁護士さんの中には,次のような手を使う人がいます。

求釈明を乱発して,自らの主張はせず,時間稼ぎをする。
A4で1,2枚の主張書面を毎回期日に出し,その場しのぎをしながら時間稼ぎをする。

時間を稼いで何をするかというと,和解だけをグダグダする。
単に,両当事者の要望額の間を取ろうとする。
相手の主張額を,何の根拠もなく,少しだけ値切ろうとする。

こうした寝技に対して,和解で事件を終わらそうとする裁判官は,何も言わず,むしろそれに流される。

以上の次第で,請求原因事実の主張,抗弁事実の主張,再抗弁事実の主張,そして立証という,本来の戦い方は外に置かれてしまうのです。

紛争の解決としてどういうものがいいのか,それは一概に言えない面があります。
しかし,裁判という紛争解決を当事者が選択した以上,一応民事訴訟法に則った手続を進行させ,その上で和解なら和解をしてほしいと思います。
そうでないと弁護士の存在意義が何だか無くなってしまう気がします。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-28 23:27 | 業務関連 | Comments(0)

司法試験

(以下,asahi.comより引用)
司法試験「年3千人」見直し 法務省、合格者減も選択肢

 法務省は、司法試験合格者を2010年までに年間3000人にし、その後も増やすことを検討するという政府の計画について、現状を検証したうえで内容を見直す方針を固めた。合格者の急増による「質の低下」を懸念する声が相次いでいることに危機感を募らせたためで、「年間3000人は多すぎる」との持論を展開している鳩山法相の意向も受け、年度内にも省内で検討を始める。同省が慎重路線にかじを切ることで、今後の検討内容によっては現在の「3000人計画」が変更され、合格者数を減少させる方向に転じる可能性も出てきた。

 裁判官、検察官、弁護士を合わせた法曹人口は約2万9千人。政府は司法制度改革審議会の報告をもとに02年3月、3000人計画を盛り込んだ司法制度改革推進計画を閣議決定。将来の法曹人口について、審議会は3000人計画の実施を前提に「18年ごろまでには実働法曹人口が5万人規模に達することが見込まれる」と予測していた。

 しかし最近、一部の弁護士会が「就職難が起きている」「質が低下する」といった理由で計画への反対を表明。実際に、司法研修所の卒業試験の不合格者が増えたことなどから、法務省内にも「質の維持や需要動向が当初の予測通りでないなら、計画を変えるしかない」との考えが広がっている。

 こうしたなか、政府が今春、閣議決定する予定の「規制改革3カ年計画」の改定では、法務省の働きかけにより、法曹人口の拡大について「社会的需要を踏まえた慎重な検討」を促す文言が初めて盛り込まれる見通しとなった。

 法務省は「3カ年計画」の改定を受ける形で省内に検討組織を設け、本格的な見直しを始める予定だ。(1)司法試験の結果などから、質の低下を見てとれるのか(2)企業や自治体などが弁護士を雇用するという需要はどの程度あるのか(3)増員が、法律家がいない地域の解消につながるのか――といった項目を検証。10年以降に合格者数を減少に転じさせることも選択肢に含めて検討を進める。

 日本弁護士連合会や法科大学院を所管する文部科学省など、関係機関による検討の場をつくることも想定している。

 ただ、計画が変更された場合、法科大学院の入学希望者にも大きな影響が生じることから、法曹志願者や法科大学院関係者からの強い批判も予想される。法務省幹部の一人は「実際に数を減らすのは先でも、結論は早めに出さなければいけない」と話している。
(引用終わり)

いい流れです。
丙案導入からはじまったおかしな流れがようやくここで。
しかし,受験生は本当に振り回されてきました。
特に法科大学院,受験回数制限は,大きな悲劇も呼んでいます。
それもこれも小泉純一郎とこれにひっついた中坊公平らのせいです。


昨日は,東京修習の同期で新年会。
あっという間に4時間くらい,みんなよくしゃべっていました。
良かったです。東京修習で。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-26 22:14 | 時事関連 | Comments(0)

クレーム

今日はいけてない一日でした。

「メールを出したのにすぐに返信がない」
「事件の処理状況について逐一報告してほしい」
「慰謝料の請求額は,一切減額せず取ってほしい」

というクレームが立て続けに来ました。
最初の二つは,もっともなようでやや無理難題。
それがあったため,最後のクレームにはやや切れ気味。

高いお金を払って委任するわけですから,適時の報告は当然必要です。それを求めるお客さんの気持ちは当然だと思います。
その意味では,落ち度はこちらに。
メールへの返信も含めてもっと細やかな対応が必要だったね。

今日は寒い中,土浦で1時間も電車待たされました。強風で。

信号を無視したタクシー同士でぶつかるのを見ました。
タクシー同士だからいいですが,一般の車や人に迷惑をかけないでほしいです。
変に値上げした結果,ずいぶんタクシーが余っているようです。
交通渋滞を増やすだけの存在となりつつあります。
無理な運転が目立ちます。
そろそろ健全な淘汰が必要です。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-24 23:52 | 業務関連 | Comments(2)

誰か

宮部みゆきの文庫2冊読了しました。
面白すぎて,一度駅を乗り過ごしました。

1.「誰か」
b0066926_23512137.jpg

意外な話が最後に挿入され,若干もの足りずに終了。
ミステリー小説の最後をどうするか,というのは難しいんでしょうね。
理想を言えば(極めて素人的ですが),「あ!そういうことだったんだ」ということを示唆され,パシッと終了というのがいいです。

2.「長い長い殺人」
b0066926_23562765.jpg

面白い視点に立って書かれています。
「誰か」より面白いと思いました。
ただ,殺人という行為に及ぶには,それを理解できるかどうかはともかくとして,もうちょっと合理的に説明できる動機があるように思うので,そのように書いてもらうと良いと思います。

次は何を読もうか。
本屋に行って文庫本をいろいろ探したいと思います。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-24 00:05 | その他 | Comments(0)

不当利得返還等請求事件

最高裁から基準らしき判決がでました。
こちら

「同一の貸主と借主との間で継続的に貸付けとその弁済が繰り返されることを予定した基本契約が締結され,この基本契約に基づく取引に係る債務の各弁済金のうち制限超過部分を元本に充当すると過払金が発生するに至ったが,過払金が発生することとなった弁済がされた時点においては両者の間に他の債務が存在せず,その後に,両者の間で改めて金銭消費貸借に係る基本契約が締結され,この基本契約に基づく取引に係る債務が発生した場合には,第1の基本契約に基づく取引により発生した過払金を新たな借入金債務に充当する旨の合意が存在するなど特段の事情がない限り,第1の基本契約に基づく取引に係る過払金は,第2の基本契約に基づく取引に係る債務には充当されないと解するのが相当である(最高裁平成18年(受)第187号同19年2月13日第三小法廷判決・民集61巻1号182頁,最高裁平成18年(受)第1887号同19年6月7日第一小法廷判決・民集61巻4号1537頁参照)。そして,第1の基本契約に基づく貸付け及び弁済が反復継続して行われた期間の長さやこれに基づく最終の弁済から第2の基本契約に基づく最初の貸付けまでの期間,第1の基本契約についての契約書の返還の有無,借入れ等に際し使用されるカードが発行されている場合にはその失効手続の有無,第1の基本契約に基づく最終の弁済から第2の基本契約が締結されるまでの間における貸主と借主との接触の状況,第2の基本契約が締結されるに至る経緯,第1と第2の各基本契約における利率等の契約条件の異同等の事情を考慮して,第1の基本契約に基づく債務が完済されてもこれが終了せず,第1の基本契約に基づく取引と第2の基本契約に基づく取引とが事実上1個の連続した貸付取引であると評価することができる場合には,上記合意が存在するものと解するのが相当である。」

過払い訴訟で,この合意の存在を推定する事情をいちいち主張・立証するのは,面倒だなぁ。
でも逆に,やれば結構いままでより一連取引が認められやすくなったかな,という印象。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-21 22:58 | 業務関連 | Comments(0)

インフルエンザ

すっかり更新ができずにおりましたが,月曜の夕方からインフルエンザによる発熱でダウンしていました。

月曜
昼間ベルリッツで英会話勉強。終了後やや寒気がすると思っていたら,昼食後一気に寒気が強くなり,帰宅して熱を測ると37.4度くらい。
火曜
朝38度に。しかし,午前中管財事件の面接と午後尋問の打ち合わせがあるため休めず,しかもまだインフルエンザであることを認識していなかったため,出勤。ただし,マスク着用。
午後5時前には,手足が以上に冷え,仕事にならず,早々に帰宅し寝込む。
水曜
朝から39度前後を記録し,事務所に休む旨伝える。夜の法律相談はキャンセルしてもらう。
近所の病院に行き,看てもらうと,インフルエンザA型であることが判明。薬をもらいとぼとぼと帰宅。
仕事が休めないという妻から,うつるといけないと家庭内別居を宣告される(笑)。
もちろん,食事の時以外マスクを外さない。
木曜
午前中の裁判のため,出勤。まだ37度以上あり,結局午後は帰宅。
金曜
来週の尋問のことも考え,この日は休む。
夜になってようやく体温が下がり始める。

ということで,暗黒の一週間でした。
思えば,事務所新年会での飲み過ぎから二日酔いになり,体力を低下させたのが原因。
もともとの体力のなさもあるが,新年早々の大失態に落ち込んでしまいました。
来週からがんばります。ほどほどに。
そして,もう二日酔いにはなりません(あらためて)。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-19 17:51 | その他 | Comments(0)

危険運転致死傷

やや時機を失した感もありますが。
あらためて,この罪の第1項の構成要件をみると。

(危険運転致死傷)
第208条の2 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、よって、人を負傷させた者は15年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役に処する。その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで四輪以上の自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も、同様とする。

「アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ」という要件は,何とも曖昧な印象です。「影響」とか「正常」とか。多くの判例が積み重ならないと,とても規範として成り立っているとは言えないような気もします。
無理に厳罰化をしようとした結果,却って被害者遺族にとって辛い思いをさせているのではないかと思います。
薬害肝炎訴訟でもそうですが,どうも最近の国の対応は場当たり的です。

ということで,この飲酒運転の悲劇を少しでも防ぐには,事前抑制が必要と考えます。前にも書きましたが。酒気帯び1回で,5年間免許停止。車没収。2回目で永久免許停止。ぐらいした方がよほど効果があると思います。


先週は,なんだか忙しかった。
疲れて事務所の新年会で飲んだため,翌日非常な二日酔いに。
でもがんばってクレサラ相談行ってきました。
今度こそ,酒に飲まれるのは今回限りにすると誓いました(何度目?)。

時事通信によれば,
「たばこを吸わず、運動し、酒を適度に飲み、野菜と果物を毎日食べるという4つの生活習慣を守ると、全く守らない場合に比べて14年間長生きできる勘定になると、英ケンブリッジ大などの研究チームが10日までに米医学誌プロス・メディシンに発表した。英国で約2万人を調査した結果で、健康に良い要因の相乗効果が明らかになったのは珍しいという。」
だそうです。
たばこは吸わないが,運動,野菜,果物が少し不足かな。
酒は適度に減じる必要あり。

 
[PR]
by black_penguin | 2008-01-13 23:28 | 時事関連 | Comments(0)

24Ⅴ

今日からBSフジで24のシーズンⅤをやるとのことで,急いで帰宅してしまいました。

いきなりの元大統領暗殺と,のっけからあり得ない事態のオンパレードです。
しかし,このスピード感。どんどん引き込まれていきます。
それに比べて日本のテレビドラマのていたらく(といいながら見てませんが)。
漫画の原作や某事務所のタレントばかりではねぇ。

24後,関根勤の5分番組がありました。
題して「関根勤5ミニッツ・パフォーマンス
カンコンキンのときの出し物です。
ですので,コサキンリスナーにはよく知っているラビーが。そうでない人には,普段は絶対に見ない関根勤の姿が見れると思います。


業務日誌
年初から,小さな会社の破産案件。電話対応で仕事進まず。
管財2件。同じ代理人だが,申立書類完璧。見習わなければ。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-09 23:55 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧