2011年 01月 24日 ( 1 )

GPS

以下,asahi.comより引用
「宮城県の村井嘉浩知事は22日、性犯罪で有罪判決を受け服役した出所者と家族や交際相手への暴力の加害者について、県内在住者を対象に全地球測位システム(GPS)装置を携帯させる条例制定の検討を始め、試案を明らかにした。

 全国の自治体で初の取り組みだが、運用方法は具体化しておらず、出所者の人権保護の点からも議論を呼びそうだ。

 試案は、同日開かれた女性と子どもへの暴力対策を話し合う県の有識者懇談会で村井知事が提案。「性犯罪被害は増加傾向にあり、被害を未然に防ぐためにはタブーや批判を恐れず検討する」と意欲を示した。

 試案によると、女性または13歳未満の子どもに対する性犯罪で有罪となり服役した出所者と、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法に基づき裁判所から被害者への接近禁止命令を受けたDV加害者らに対し、GPS装置の携帯を義務付ける。

 試案にはこのほか、性犯罪で逮捕された容疑者にDNA試料の提出を義務付ける案なども盛り込まれた。」

制度としてはとても良いと思います。
前から言っていますが,殺人と違って,性犯罪は「やむを得ない事情もある」ということがありません(精神的な疾患は別として)。
GPSを付けられていることで再犯せずに済み,本人にも良いという話も聞いたことがあります。

ただ,一種の新しい刑罰になるので,現在法律でこうした刑種が無い以上,横出し,あるいは,上乗せ条例として認められるのかはちょっと疑問に思います。
やはりきちんと法律で定めるべきことでしょう。 
[PR]
by black_penguin | 2011-01-24 23:38 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧