地頭力

ちょっと前に,「地頭力」という言葉が少し流行っていたのですが,そのときは,どうせまた「○○力」の類だろうと気にとめていませんでした。

ところが,本屋で「地頭力を鍛える」…「日本全国に電柱は何本あるか?」との文言に目を引かれ,つい手に取り,中をちょっとのぞいたら面白そうなので購入してしまいました。
b0066926_061014.jpg


予想以上に参考になりました。
自分のダメな部分を見事に突いていました。

「結論から考える」~仮説思考力
「全体から考える」~フレームワーク思考力
「単純に考える」~抽象化思考力

法律相談,法律問題の解決には,この考え方が重要ではないかと。
前に書いたような記憶があるが,事務所のボスなどは,結論があり,そこに向かって論理的に説明していく,ということをいつもしている。そしてそれは,問題を常に全体から見ていることに他ならないと思われる。
もちろん,この結論を仮説するには,経験とある種の芸術的センスのようなものも必要だと思うが。

この本でもう一つ参考になったのは,「地頭型多能人」とは,地頭力に加えて,対人感性力もバランス良く持った人だというところ。
「個々の人間の感性に訴えるためには一人ひとりを他者と違う「オンリーワン」として扱い,相手の目線で話し,「正しかろうが間違っていようが」相手を批判せずにまずは共感し,そのために効率よりも一見無駄に見えるものも重視するという姿勢が重要になってくる。」と

とにかく珍しく,若干目から鱗が落ちる感じの本でした。
おすすめです。
[PR]
by black_penguin | 2008-07-25 00:20 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧