誰か

宮部みゆきの文庫2冊読了しました。
面白すぎて,一度駅を乗り過ごしました。

1.「誰か」
b0066926_23512137.jpg

意外な話が最後に挿入され,若干もの足りずに終了。
ミステリー小説の最後をどうするか,というのは難しいんでしょうね。
理想を言えば(極めて素人的ですが),「あ!そういうことだったんだ」ということを示唆され,パシッと終了というのがいいです。

2.「長い長い殺人」
b0066926_23562765.jpg

面白い視点に立って書かれています。
「誰か」より面白いと思いました。
ただ,殺人という行為に及ぶには,それを理解できるかどうかはともかくとして,もうちょっと合理的に説明できる動機があるように思うので,そのように書いてもらうと良いと思います。

次は何を読もうか。
本屋に行って文庫本をいろいろ探したいと思います。
[PR]
by black_penguin | 2008-01-24 00:05 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧