「おバカ弁護士」

週刊文春に「「底抜けおバカ弁護士」急増中」の記事が出てまもないというのに…

(以下,毎日新聞より引用)
わいせつ行為:大阪の弁護士除名 虚偽証言の工作も 
 事務所で研修中の女性にわいせつな行為をしたうえ、弁護士会の調査で虚偽証言の工作をしたとして、大阪弁護士会は5日、西垣泰三弁護士(54)を除名処分にした。

 同会によると、西垣弁護士は04年9月、法律事務所へ研修に来ていた20代の女性をドライブに誘い、用意していたシャンパンを車内で女性と飲んだ。この後、女性にキスをしたり体を触るなどし、酒気帯び運転で女性をホテルに連れ込み、服を脱がせた。

 同年12月、女性側からの懲戒請求でわいせつ行為が発覚。西垣弁護士は会の調査に「『酒に酔って吐いた女性がいるので、助けに来てくれ』と西垣弁護士に頼まれ、ホテルで女性の面倒をみた」とする知人女性の陳述書を提出。だが、実は別人が書いたものだったうえ、この知人女性になりすました別人を弁護士会に出頭させ、自分に有利な証言をさせた。

 西垣弁護士はわいせつ行為を否定し、替え玉の出頭についても「自分が頼んだわけではない」と主張しているという。
(引用終わり)

「おバカ」なのは新人ばかりではありません。
ところで,週刊文春の記事に出ていた例の一つは,新人弁護士が法人の破産申し立てに際して,申立書類に決算書もつけず,破産に至った理由も「営業資金につまづいたから」としか書いてなかったというもの。
まあ,これは最初だから仕方がない!?として(笑),問題なのは,その後の対応。管財人から破産に至った経緯を聞かれるや,「そんなこと必要あるんですか」と逆ギレたという点。
先日も,若い弁護士が,弁護士会に国選事件を取りに来て,取れなかったので逆ギレたというお話をご紹介した。
どうでしょうか,この手の話は,弁護士に限ったことではないのでは。
世代の問題なのでは。
と思うのですが…。

管財人になったら若手には気をつけなきゃ。逆ギレされると困りますから。
[PR]
by black_penguin | 2007-06-05 23:42 | 時事関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧