和解文言

金曜日の名誉毀損事件の弁論準備は,和解文言を巡って約40分。

「謝罪する」,「陳謝する」,「遺憾の意を表す」
だんだん謝る度合いが薄くなりますが,結局真ん中の案でまとまりそう。

この件に限らず,小さなことでもめたりします。
「慰謝料として」とするか「和解金として」とするかとか。
本人あるいは会社の関係者が同行していたりすると,やはりこだわりがあるようで,まあいいじゃないか,とはなかなかなりません。
効果は全くといっていいほど変わらないのですが,気持ちの問題ですので分からなくもありませんが。


昨日は,同期の弁護士とその妻(笑)で6人で集まり,自由が丘「CIBO」にてお食事。
相変わらずおいしく,ワインもちょっと飲み過ぎちゃいました。
お店はぎっしりいっぱい。人気はさらに上がってきているようです。
[PR]
by black_penguin | 2007-06-03 17:40 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧