破産申立

会社、代表者、代表者妻の破産申立をした。
正確には、破産手続開始申立。

受任通知の作成
取引履歴の利息制限法引き直し計算
債権者一覧表の作成
通帳のコピー
などなど
諸事情により当職一人で行いました。
ただ、裁判所に提出する封筒の宛名書きだけ頼みました。



宛名・住所がたくさん間違えており、書記官から確認の電話をいただきました。

すべて自分でやらなければいけないことを改めて悟りました。

残念ですが、これが受け入れなくてはならない現実です。

美人&優秀な事務局のいらっしゃる小熊猫先生には分かってもらえないと思います(笑)
[PR]
Commented by てふ at 2006-04-15 23:01 x
臨床心理士や精神科医が登場するドラマも、本当にうそばっかりです。
以前、僕は火曜サスペンスのシナリオライター(何も知らないただのケバイおばさんでした)から、アドバイスを頼まれ、少しでもリアルな、あまり偶然性に頼らないストーリィを作り上げたら、結局、没になってしまいました。

結局、日本のドラマってそんなものなのですね。

日本のテレビ関係者は視聴者を馬鹿な大衆と考えすぎているのがありありです。スポンサーがそう考えすぎているから仕方ないのかもしれません。

それは、視聴率という質がいっさい問われない単なる「数字」に業界全体が踊らされている結果とも言えます。

気がついてみれば、若者から老人まで日本全体が偏差値から始まって年収や株式評価額などの数字だけを気にする人間になってきているような気もします。
Commented by black_penguin at 2006-04-16 21:46
>てふさま
いつもありがとうございます。
やっぱり、そうなんですね。視聴率を気にしすぎるものを作っているということももちろんなんですが、あの月9「西遊記」のような酷い内容のものが視聴率を取っているということにも衝撃を受けています。
by black_penguin | 2006-04-11 23:19 | 業務関連 | Comments(2)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧