ラ・フォル・ジュルネ

今年のGWは,天候に恵まれましたね。

そんな中,0歳からのコンサートを聴くべく,「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に行ってきました。

場所は,東京国際フォーラムAホール。事務所至近(笑)。

b0066926_0155261.jpg


子どもたちが生まれてからというもの,生でプロのオケを聞く機会は皆無であったので,子どもたちにとっては初めてのオーケストラ鑑賞。私たちにとってもかなり久しぶりとなりました。

会場のAホールは,5000人収容。
しかし,その席も,親子連れで満員となっていました。
0歳からの,と銘打っている以上当然といえば当然ですが,赤ちゃん連れがほとんどです。

曲目は,
ビゼーのカルメン組曲 第1組曲
ラヴェルのダフニスとクロエ 第2組曲

曲が始まった気づいたこと。

会場がオケ演奏会には広すぎる。
せっかく,フランスの国立ロワール管弦楽団がきているのに,音が拡散してしまい,ぼやーっと聞こえてしまいます。
当然,あちこちで鳴き声が響いているので,それは覚悟の上とはいえ,オケの音が小さくなりすぎて,もはや曲の鑑賞とは言い難い状況に。

そのわりに,選ばれた曲が静かすぎる(笑)。
フランス音楽を中心にするため仕方がないのかもしれませんが,こんな静かできれいな曲を聴く環境ではない。
したがって,もったいない。
小さな子どもたちにもオケの楽しさをということなのですが,典型的な有名な曲を聴かせる必要は無いものの,もうちょっと選曲のありようがあったのではないかと思ってしまいました。

というわけで,二人は,カルメンのあの一番有名な曲だけは喜んで聞き,あとは飽きてしまうという仕方のない反応をしつつ終了となりました。

終わった後少し歩いて日比谷公園の松本楼へ。
連休中とはいえ,日比谷公園でイベントもやっていないし,さすがにそんなに混んでいないんだろうと行ったのですが…。
午前11時半の段階で長蛇の列。
45分くらい待ってようやく入れました。
連休中ではなくてもこれそうな有閑マダムたちが多かったのが気になりましたが,人気ぶりには驚かされました。
b0066926_016142.jpg

しかし,待った甲斐があり,味にはうるさいお二人も,お子様プレート等結構食べておりました。

ラ・フォル・ジュルネのほとんどのプログラムは3歳から聴くことができます。
来年は,選択肢がずいぶん広がりますが,Aホールは避けようと思います(笑)。
[PR]
by black_penguin | 2013-05-07 00:33 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧