締め切り

前にも同じようなことを書いたかもしれませんが,その場合にはご容赦を。

怒濤の(というのも言い過ぎかと思いますが)打合せ週間が終わったら,その後は,書面の締め切りラッシュに追われています。準備書面だけでなく,早めに申し立てる必要があるものなどなど,とにかく書面の作成に追われています。

かつては,ボスから書面の作成が早いと褒められ,裁判所から指定された締め切り前には書面をほぼ必ず出していた私ですが,昨年あたりから,そこがどうも怪しくなってきました。

裁判の期日は約1ヶ月に1度程度の割合ではいります。
その案件ごとに,作成すべき書面があるとすれば,裁判の案件が20もあれば,ほぼ毎日のように作成すべき書面がある計算になります。

確かに,「今回は被告が反論」とか順番があるので,全ての案件で毎回書面作成があるわけではないので,毎日作成すべき書面があるというと言い過ぎになるのですが,何しろとにかく追われている感じです。

そうなると,期日の1週間前といった期限を必ず守ることが若干困難になってきます。
前は,期日直前に出す相手方に対して書面で嫌みを言ったりしていたのですが,最近は,いつ自分がそうなるか分からないので(笑)控えています。

書面を出すには,基本的には,依頼者に見てもらって了解を得て出すことになりますから,期限前にはできていなければなりません。
例えば陳述書というようなときは,印鑑も押してもらう必要がありますので,さらに前に作成できていなければなりません。
そういう意味で,期限の結構前に書面の案を作成しておく必要があります。

このあたりのスケジュール管理が難しいです。
本当は,この起案を,何日にやる,みたいなマネジメントができればいいのですが,予定外のことが横からどんどん入っていますので,予定も立てにくい。
そして何となく直前まで手を付けずに放置され,あわてる,というパターンが続いています。

よくないね!
ただ,昔褒められたように,一度頭の中で構成できれば,一気に書けるという技は持っておりますので(笑),それでも何とか綱渡りのようにやっている感じです。

早くも疲れ気味で,ちょっとゆっくりしたいですね。今週末くらい。
[PR]
by black_penguin | 2013-01-23 00:01 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧