家事調停

このブログのタイトルは,弁護士業務日誌だったんですね。すっかり忘れておりました。

さて,最近,どうしたことか,自分的には今までにない多忙状態でございます。
そんな中,なぜか離婚案件が多く,たぶん8,9件くらいあります(笑)。

先日も新たに調停申し立て。
ところで,家事事件手続法が来年1月1日から施行され,それにあわせ,「今後は新法の施行を踏まえて手続を進める」とのことで,東京家庭裁判所では,10月1日から新しい書式を公開しています。

こちらです。
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/syosiki02/index.html

例えば離婚調停申立ての場合,申立書以外に事情説明書とか子に関する事情説明書とか進行に関する照会回答書などを作成していっしょに提出するこことなります。

また,代理人としては,申立人手続代理人等目録を提出します。

提出する書類は多くなりましたが,中身をみると,それほど詳細に書く必要のないもので,その点では,手間はそれほどかからない印象でした。

ただ,基本的に相手方に開示されるのが前提の書類が多いので,書き方には慎重を期す必要も出てきます。

そういうわけで,これら一式作成して,婚姻費用の分担調停とあわせて,10月に入ってから一件申し立てました。
ところが,東京家裁の窓口で,先ほどの申立手続代理人等目録ではなく,連絡先等の届出書を出すように言われまして…。これは,本人申立ての場合の書式では?わざわざHPで目録書式が載せてあるではないか,と思ったのですが,どういうことなのか謎なままでおります。

あとは,もう一太郎の書式は無くなってしまいましたね。
私もほとんど一太郎を使わなくなってしまいました。
ただ,ワードは日本語入力には使いにくいワープロソフトであることは間違いないと思います。
何で同じ文字数なのにずれるんだ,とかね。
でも時代の流れで仕方がないのだと思います。
もっとワードの使い方を覚えないと。

ではでは,久しぶりの業務関連投稿でした。
[PR]
by black_penguin | 2012-10-13 21:18 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧