詐害行為取消

もう2月になってしまいました。
どういうわけか、アクセス数が増えております。ありがとうございます。

弁護士の業務日誌ということなので、年に1回くらいは、法律関係の投稿を。

現在、詐害行為取消請求事件をやっています。
今まで2件やりましたが、いずれも被告側です。

この詐害行為取消請求、圧倒的に原告有利です。
つまり被告になるとほぼ負けます。

まあ、そもそも怪しい件で訴えがされているというのが原因でしょう。
突然買ってくれ(しかも安く)、もらってくれ、と言われて全く事情を分からず買ったりもらったりすることは無いだろう、ということなんでしょうね。

でも、実際のところ、被告自身、事情は分からずに買ったりもらったりしていることもあるんですよね。裁判所には全く信用されないですが。

主観を認定するのは難しいので、結局客観的状況から推認されてしまう。
なので、いくら知らなかったと言ってもダメなんでしょう。

ということで、依頼者には、100%負けるとか言いつつ、何とか和解で終わらせる(もちろん、ちょっとお金を出す)方向に説得していきます。

詐害行為取消は、司法試験などでは論点の宝庫なので、あらためて基本書開いたりして、懐かしくなったりしています。
[PR]
by black_penguin | 2012-02-03 22:22 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧