山下達郎

朝日新聞の求人広告欄に、山下達郎が仕事について語るコラムが連載されています。
毎回うなずかされる内容が多いのですが、今回は特に。

「夢は必ずかなう」という言葉が独り歩きしている時代ですが、僕は「夢はかなわない確率の方がずっと高い」と思う人間です。
ですから、懸命に努力し、その結果夢がかなわなかった時にはどうするのか、それをも想定して仕事をするべきではないか。「夢」は魅力的で力があるけれど、あくまで結果であって、夢を最初から暴走させてはいけないのです。

いつもそう思っていました。
特にメディアはこぞって「努力すれば夢はかならずかなう」と言い放っています。
無責任だと思います。
日本テレビに対してだけ言っている訳では無いですよ。
最近はニュース番組まで情緒的な「報道」の仕方が多い。

あらゆる意味で、既存メディアが、堕ちていく日本の元凶かもしれません。
[PR]
by black_penguin | 2011-08-21 23:34 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧