洗濯機

家族が倍に増え、洗濯物も増えました。
今までの洗濯機の容量では対応できなくなり、財政厳しい状況の下、新しい洗濯機を買いました。
もう少しすると保育園も始まるので、これで何とかしのぎたいと思います。
b0066926_23261393.jpg

容量が増えたのが一番の違いですが、技術の進歩は日進月歩。
風アイロンなる機能で、乾燥後も洗濯物があまりしわくちゃにならないそうです。
現在最初の洗濯をお試ししています。

しかし、子供たちが生まれてから、ずいぶんいろいろなものを買いました。
自分の服は買わずに。
少子化少子化といいますが、いろいろな経済的負担を考えると、子供をもつことを躊躇するのもよくわかります。

こうして子供が減り、いっそう少子高齢化が進む。
どうするのでしょう。
自分たちが年金を受け取るような時になっても、まともに年金受け取れるか分かりません。

ここは思い切って、高齢者にも、医療費等について応分の負担を求めたり、いろいろな優遇を見直したり、税のあり方を見直したりして、将来に備えないといけないです。
それには、一票の価値の平等を確保することでしょう。
高齢の農家ばっかり保護されるような状況は変えていかねば。
最高裁!(って騒いでいた地裁の前のおじさんがここのところ見当たりません)違憲審査権が与えられている職務を果たしてください。妙なバランス感覚は必要ないですから。
[PR]
by black_penguin | 2011-08-02 23:43 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧