それから

夏目漱石ですが,「三四郎」に続いて「それから」を読了しました。
b0066926_9535348.jpg

親からの仕送りで何をするともせず生活している代助が,友人の妻と一緒になろうとする,という,話としては軽い感じなのですが,これが明治に書かれているということを考えると斬新。
このつまらなそうな話をとても面白く読ませるところに文章力を感じました。
終盤はドキドキしてしまいましたから。

新聞の連載小説だったのですね。
結構話題になったでしょうね。

次は三部作の最後「門」です。
楽しみです。
[PR]
by black_penguin | 2010-10-29 09:58 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧