労働審判

2件目の労働審判事件ですが,先日調停不調により,審判となりました。
後日審判書きが送られてくるのかと思っていたら,期日の時に口頭で審判内容を告知されました。
しかも,労働審判委員会の調停案そのままの内容で。
柔軟といえば柔軟な,何だか斬新な光景でした。

当方使用者側でしたが,こんな金は払えない,ということで異議を申し立てることに。
が,申立書や答弁書の書式はあるのに,異議申立書の書式が見つかりません。

審判書きを取りに行ったついでに労働部で聞いてみたら…
特に書式はありません,とのこと(笑)。
上申書みたいな形で,タイトルを「異議申立書」にすればいいようです。

ということで,労働審判は,何だかはじめから終わりまで,若干グダグダ感の残る制度でした(笑)。
でも,とにかく早く終わるからそれはとても良いです。
[PR]
by black_penguin | 2009-07-09 23:07 | 業務関連 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧