東野圭吾

通勤時間帯に,東野圭吾,読んでみました。

容疑者Xの献身

さまよう刃

「容疑者Xの献身」
えっ!という意外性のある部分は面白かった。
でも,文章から情景がいまいち浮かんでこない。
文章のせいか,当職の想像力不足のせいか。

「さまよう刃」
期待したが,あまりに悲しすぎる結末。
「社会派サスペンス」と帯に書くには,あまりに浅い。
どうせなら,別の人が共犯者殺してました,みたいな方が良かった?

ということで,Amazonでは,評価低いですが,海堂尊の作品の方が面白いかも。
[PR]
by black_penguin | 2009-01-26 23:29 | その他 | Comments(0)

弁護士のちょっとブラックな業務日誌


by black_penguin
プロフィールを見る
画像一覧